電子書籍 天子蒙塵 文芸・小説

著: 浅田次郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

天子蒙塵 第一巻 あらすじ・内容

1924年、クーデターにより紫禁城を追われた溥儀とその家族。生家に逃げ込むもさらなる危険が迫り皇帝は極秘に脱出する。ラストエンペラーの立場を利用しようとさまざまな思惑が渦巻くなか、日本の庇護下におかれ北京から天津へ。梁文秀と春児はそれぞれに溥儀らを助ける。史上初めて中華皇帝と離婚した文繍。その裏にはいかなるドラマがあったのか。累計500万部突破の国民的大ベストセラー「蒼穹の昴」シリーズ第5弾開幕!

この作品を共有

「天子蒙塵」最新刊

満洲でラストエンペラー・溥儀が再び皇帝の位に昇ろうとしている。そんななか、新京憲兵隊大尉が女をさらって脱走する事件が発生。欧州から帰還した張学良は、上海に繰り返し襲い来る刺客たちを返り討ちにしていた。日本では東亜連盟を構想する石原莞爾が関東軍内で突出した存在になりつつあり、日中戦争突入を前に、日本と中国の思惑が複雑に絡み合う。満洲に生きる道を見いだそうとする少年二人の運命は?

「天子蒙塵」作品一覧

(4冊)

各1,430(税込)

まとめてカート

1924年、クーデターにより紫禁城を追われた溥儀とその家族。生家に逃げ込むもさらなる危険が迫り皇帝は極秘に脱出する。ラストエンペラーの立場を利用しようとさまざまな思惑が渦巻くなか、日本の庇護下におかれ北京から天津へ。梁文秀と春児はそれぞれに溥儀らを助ける。史上初めて中華皇帝と離婚した文繍。その裏にはいかなるドラマがあったのか。累計500万部突破の国民的大ベストセラー「蒼穹の昴」シリーズ第5弾開幕!

張作霖爆殺事件から3年、息子・張学良は無抵抗将軍となり清朝最後の皇帝・溥儀は玉座を追われたなか、満洲の猛獣と化した関東軍に一人反抗を続ける男・馬占山。馬は同じ張作霖側近の張景恵から説得を受け一度は日本に従うが──。一方、満洲国建国を急ぐ日本と大陸の動静に目を光らせる国際連盟の狭間で、溥儀は深い孤独に沈み込んでいた。ついに日本の軍部もその存在を知るところとなった天命の具体「龍玉」は今、誰の手に──。

~俺も行くから君も行け 狭い日本にゃ住み飽いた~「馬賊の歌」も高らかに、日本を飛び出した少年二人、妙齢の美男美女は駆け落ちか。満洲の怪人・甘糟正彦、男装の麗人・川島芳子が加わり、新たな登場人物たちが、それぞれの運命を切り拓くため走り出す。日中戦争以前に満洲では何が起こっていたのか? 著者ライフワークはいよいよ昭和史の「謎」に迫る。

「天子蒙塵」の作品情報

レーベル
――
出版社
講談社
ジャンル
文芸・小説 時代小説 歴史
ページ数
368ページ (天子蒙塵 第一巻)
配信開始日
2016年10月26日 (天子蒙塵 第一巻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad