電子書籍 渡部昇一の世界史最終講義 朝日新聞が教えない歴史の真実 実用

著者: 渡部昇一  著者: 高山正之 

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

渡部昇一の世界史最終講義 朝日新聞が教えない歴史の真実 あらすじ・内容

リベラルなグローバリズムの行き詰まりと国家再浮上の流れを受けて、日本だけを悪とする戦後世界史の克服を論じた、「知の巨人」と名物コラムニストの未発表対談を発掘。
明治末から昭和にかけての日本人が世界に対して強く意識していた歴史的使命感を言挙げする。
世界史の中の日本近代史と先の大戦の意味を語り尽くした決定版!

「渡部先生と私との対談を公刊するのはこれが初となる。ご逝去の5か月ほど前、世界史の中での日本の正しい評価をテーマに、じっくりお話しする機会を得た。トランプ時代という歴史の転換点で、“日本ファースト”の世界史の見方について論じたのだ」(解説より)

<目次より>
序章 なぜ、世界史対談か(高山正之)
第一章 安倍政権の世界史的使命
第二章 崩壊する「米国製の嘘」
第三章 驚くべき日本の潜在力
第四章 最大の戦後レジーム・朝日新聞のメディア専制
第五章 戦後世界の大転換
終章 迷走して行き場を失う「敗戦利得者」(高山正之)

この作品を共有

「渡部昇一の世界史最終講義 朝日新聞が教えない歴史の真実」最新刊

リベラルなグローバリズムの行き詰まりと国家再浮上の流れを受けて、日本だけを悪とする戦後世界史の克服を論じた、「知の巨人」と名物コラムニストの未発表対談を発掘。
明治末から昭和にかけての日本人が世界に対して強く意識していた歴史的使命感を言挙げする。
世界史の中の日本近代史と先の大戦の意味を語り尽くした決定版!

「渡部先生と私との対談を公刊するのはこれが初となる。ご逝去の5か月ほど前、世界史の中での日本の正しい評価をテーマに、じっくりお話しする機会を得た。トランプ時代という歴史の転換点で、“日本ファースト”の世界史の見方について論じたのだ」(解説より)

<目次より>
序章 なぜ、世界史対談か(高山正之)
第一章 安倍政権の世界史的使命
第二章 崩壊する「米国製の嘘」
第三章 驚くべき日本の潜在力
第四章 最大の戦後レジーム・朝日新聞のメディア専制
第五章 戦後世界の大転換
終章 迷走して行き場を失う「敗戦利得者」(高山正之)

「渡部昇一の世界史最終講義 朝日新聞が教えない歴史の真実」の作品情報

レーベル
――
出版社
飛鳥新社
ジャンル
実用 歴史
ページ数
221ページ (渡部昇一の世界史最終講義 朝日新聞が教えない歴史の真実)
配信開始日
2018年6月15日 (渡部昇一の世界史最終講義 朝日新聞が教えない歴史の真実)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad