電子書籍 蘆火野 文芸・小説

著者: 船山馨 

まずは、無料で試し読み

試し読み

60ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

蘆火野 上巻 あらすじ・内容

箱館戦争とパリ・コミューンを結ぶ雄大な歴史ロマン

早春の箱館の、海沿いの道で、みなし子のおゆきは、ふたり連れの若いさむらいに出会った。上州安中藩士の新島七五三(しめ)太(のちの襄)と直参小普請組の河井準之助で、おゆきが女中奉公する、諸術調所教授・武田斐三郎の許に江戸から洋学を学びにやって来たのだった。外国領事館の置かれた幕末の箱館は、開明的雰囲気に溢れていた。その中で、アメリカへの密航を図る新島に反し、フランス料理の勉強を志す準之助のさわやかな人柄に、おゆきは、娘らしい想いを寄せた。……幕末から明治への時代の動乱にまき込まれていく若い男女の愛と人生を描く、歴史ロマン上巻。

この作品を共有

「蘆火野」最新刊

おゆきは準之助と結婚した。19歳と21歳の若い夫婦だった。が、ふたりの幸せはなお遠く、榎本武揚の率いる軍と官軍との間の箱館戦争の渦中、準之助は、官軍にお尋ね者として追われる身となった。ふたりはヨーロッパに新生活を求めて、パリに向かうが、その地にもまた、普仏戦争の危機が迫っていた。そして、引き続くパリ・コミューンの戦火のさ中に彼らを見舞う、悲劇的結末。……時代の激流の中に、ささやかな幸福を求めて懸命に生きる庶民への深い共感をこめた、大河小説完結編。

「蘆火野」作品一覧

(2冊)

各594(税込)

まとめてカート

早春の箱館の、海沿いの道で、みなし子のおゆきは、ふたり連れの若いさむらいに出会った。上州安中藩士の新島七五三(しめ)太(のちの襄)と直参小普請組の河井準之助で、おゆきが女中奉公する、諸術調所教授・武田斐三郎の許に江戸から洋学を学びにやって来たのだった。外国領事館の置かれた幕末の箱館は、開明的雰囲気に溢れていた。その中で、アメリカへの密航を図る新島に反し、フランス料理の勉強を志す準之助のさわやかな人柄に、おゆきは、娘らしい想いを寄せた。……幕末から明治への時代の動乱にまき込まれていく若い男女の愛と人生を描く、歴史ロマン上巻。

おゆきは準之助と結婚した。19歳と21歳の若い夫婦だった。が、ふたりの幸せはなお遠く、榎本武揚の率いる軍と官軍との間の箱館戦争の渦中、準之助は、官軍にお尋ね者として追われる身となった。ふたりはヨーロッパに新生活を求めて、パリに向かうが、その地にもまた、普仏戦争の危機が迫っていた。そして、引き続くパリ・コミューンの戦火のさ中に彼らを見舞う、悲劇的結末。……時代の激流の中に、ささやかな幸福を求めて懸命に生きる庶民への深い共感をこめた、大河小説完結編。

「蘆火野」の作品情報

レーベル
角川文庫
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸・小説 日本文学 時代小説 歴史
ページ数
418ページ (蘆火野 上巻)
配信開始日
2014年5月30日 (蘆火野 上巻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad