電子書籍 えろ◆めるへん 冷たい王が私のカラダを押しひらく(えろ◆めるへん) マンガ

著者: 小豆夜桃のん 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

えろ◆めるへん 冷たい王が私のカラダを押しひらく(24) あらすじ・内容

小さな雪国の王女セリスは、政略結婚で軍事大国に嫁ぐ。けれど、夫となる若き権力者シリウス王は、冷たい目をした非情な男だった。自分の国のため、結婚はしても心までは屈さないと誓うセリスにシリウスは告げる。「お前を所望する。服を脱げ」「あっ、陛下…っ、シ、リウス様ぁっ!」初夜の床で、激しくシリウスに抱かれたセリスだったが、あるとき、ふと見せた彼の優しさに心が揺れ始め──!?

この作品を共有

「えろ◆めるへん 冷たい王が私のカラダを押しひらく(えろ◆めるへん)」作品一覧

(7冊)

各220(税込)

まとめてカート

小さな雪国の王女セリスは、政略結婚で軍事大国に嫁ぐ。けれど、夫となる若き権力者シリウス王は、冷たい目をした非情な男だった。自分の国のため、結婚はしても心までは屈さないと誓うセリスにシリウスは告げる。「お前を所望する。服を脱げ」「あっ、陛下…っ、シ、リウス様ぁっ!」初夜の床で、激しくシリウスに抱かれたセリスだったが、あるとき、ふと見せた彼の優しさに心が揺れ始め──!?

小さな雪国の王女セリスは、政略結婚で軍事大国に嫁ぐ。けれど、夫となる若き権力者シリウス王は、冷たい目をした非情な男だった。自分の国のため、結婚はしても心までは屈さないと誓うセリスにシリウスは告げる。「お前を所望する。服を脱げ」「あっ、陛下…っ、シ、リウス様ぁっ!」初夜の床で、激しくシリウスに抱かれたセリスだったが、あるとき、ふと見せた彼の優しさに心が揺れ始め──!?

小さな雪国の王女セリスは、政略結婚で軍事大国に嫁ぐ。けれど、夫となる若き権力者シリウス王は、冷たい目をした非情な男だった。自分の国のため、結婚はしても心までは屈さないと誓うセリスにシリウスは告げる。「お前を所望する。服を脱げ」「あっ、陛下…っ、シ、リウス様ぁっ!」初夜の床で、激しくシリウスに抱かれたセリスだったが、あるとき、ふと見せた彼の優しさに心が揺れ始め──!?