電子書籍 鵜頭川村事件(文春e-book) 文芸・小説

著: 櫛木理宇 

まずは、無料で試し読み

試し読み

23ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

鵜頭川村事件 あらすじ・内容

父と娘は、閉ざされた村での狂乱から逃げられるのか――
狂気が狂気を呼ぶ、パニック・ミステリー!

一九七九年、夏。
亡き妻・節子の田舎である鵜頭川村へ、三年ぶりに墓参りにやってきた岩森明と娘の愛子。

突如、山間の村は豪雨に見舞われ、一人の若者の死体が発見される。
村の有力者・矢萩吉郎の息子で問題児の大助が犯人だと若者たちは息巻くが、矢萩家に誰も反抗できず、事件はうやむやとなる。

抱えていた家同士の対立が顕在化し出し、若者たちは自警団を結成する。
動き始めた狂気がさらなる狂気を生み、村は騒乱に巻き込まれていく――

ホラーミステリーの旗手がおくる渾身作!

この作品を共有

「鵜頭川村事件(文春e-book)」最新刊

父と娘は、閉ざされた村での狂乱から逃げられるのか――
狂気が狂気を呼ぶ、パニック・ミステリー!

一九七九年、夏。
亡き妻・節子の田舎である鵜頭川村へ、三年ぶりに墓参りにやってきた岩森明と娘の愛子。

突如、山間の村は豪雨に見舞われ、一人の若者の死体が発見される。
村の有力者・矢萩吉郎の息子で問題児の大助が犯人だと若者たちは息巻くが、矢萩家に誰も反抗できず、事件はうやむやとなる。

抱えていた家同士の対立が顕在化し出し、若者たちは自警団を結成する。
動き始めた狂気がさらなる狂気を生み、村は騒乱に巻き込まれていく――

ホラーミステリーの旗手がおくる渾身作!

「鵜頭川村事件(文春e-book)」の作品情報

レーベル
文春e-Books
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス ホラー
ページ数
478ページ (鵜頭川村事件)
配信開始日
2018年6月25日 (鵜頭川村事件)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad