電子書籍 藤井聡太全局集(マイナビ出版) 実用

著: 書籍編集部 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

藤井聡太全局集 平成28・29年度版 あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

藤井聡太の59局を全局解説付きで収録

将棋400年に一人の天才・藤井聡太。
14歳2カ月という史上最年少でプロデビューを果たすと、加藤一二三九段戦を皮切りに怒涛の29連勝を記録。その模様は数多くのメディアで取り上げられ、一躍時の人となりました。

その後も鬼神のような強さを発揮し続け、公式戦通算50勝の史上最年少記録を塗り替え、順位戦では全勝で昇段、さらに朝日杯将棋オープン戦で中学生にして全棋士参加棋戦優勝という偉業を成し遂げました。

ソフトの研究に裏打ちされたスキのない序盤、駒がぶつかってからの正確な読み、そして詰将棋で培った終盤力。すでに完成度の高い将棋でありながらぎりぎりの順に踏み込んでいく姿勢は多くのファンを魅了してやみません。

本書はその藤井聡太六段の平成28、29年度に行われた棋戦の対局、全59局を解説付きで収録するものです。

第1部は「重要対局詳解編」として、記憶にも記録にも残る以下の12局を詳細に解説しています。

加藤一二三戦 デビュー戦   竜王戦
大橋貴洸戦 脅威の逆転勝ち 新人王戦
澤田真吾戦  20連勝 棋王戦
増田康宏戦 29連勝 竜王戦
佐々木勇気戦 連勝ストップ 竜王戦
森内俊之戦  NHK杯生中継 NHK杯
屋敷伸之戦  A級初勝利 朝日杯
深浦康市戦  悔しい逆転負け 叡王戦
佐藤天彦戦  名人にも勝つ  朝日杯
梶浦宏孝戦  C2も1期抜け 順位戦
羽生善治戦  永世七冠に勝つ 朝日杯
広瀬章人戦  ついに初優勝 朝日杯

第2部は「解説編」として、その他の47局のポイントを解説しています。

本書には将棋の新時代を切り開く藤井聡太六段のすべてが詰まっています。

天才中の天才、藤井聡太の全59局をどうぞご堪能ください。

この作品を共有

「藤井聡太全局集(マイナビ出版)」最新刊

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

デビューからの29連勝を皮切りに3年連続勝率8割超えと圧倒的な成績を残し続ける藤井聡太七段。

令和元年度は前期果たせなかった順位戦での昇級を成し遂げ、これまでどうしても届かなかったタイトル戦に王将戦であと1勝というところまで迫る活躍を見せてくれました。

将棋ファンの夢を背負って戦う藤井七段。

2020年6月4日、第91期ヒューリック杯棋聖戦で将棋界に新たな歴史を刻みました。17歳10か月20日、史上最年少でのタイトル挑戦です。

本書では、令和元年度に終了した棋戦における藤井聡太七段の全対局を収録。それに加えて特別編として6月4日の棋聖戦挑戦者決定戦の将棋も掲載します。

重要対局詳解編11局はすべて本人のコメント付き、解説編47局もすべてプロ棋士による詳細な解説があります。

最短の勝ち方、華麗な一手は今年も随所に見られますが、そこにさらに「手厚さ」が加わったのが見て取れるはずです。

稀代の天才・藤井聡太七段の進化をぜひ本書で味わってください。

「藤井聡太全局集(マイナビ出版)」作品一覧

(3冊)

各2,435(税込)

まとめてカート

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

藤井聡太の59局を全局解説付きで収録

将棋400年に一人の天才・藤井聡太。
14歳2カ月という史上最年少でプロデビューを果たすと、加藤一二三九段戦を皮切りに怒涛の29連勝を記録。その模様は数多くのメディアで取り上げられ、一躍時の人となりました。

その後も鬼神のような強さを発揮し続け、公式戦通算50勝の史上最年少記録を塗り替え、順位戦では全勝で昇段、さらに朝日杯将棋オープン戦で中学生にして全棋士参加棋戦優勝という偉業を成し遂げました。

ソフトの研究に裏打ちされたスキのない序盤、駒がぶつかってからの正確な読み、そして詰将棋で培った終盤力。すでに完成度の高い将棋でありながらぎりぎりの順に踏み込んでいく姿勢は多くのファンを魅了してやみません。

本書はその藤井聡太六段の平成28、29年度に行われた棋戦の対局、全59局を解説付きで収録するものです。

第1部は「重要対局詳解編」として、記憶にも記録にも残る以下の12局を詳細に解説しています。

加藤一二三戦 デビュー戦   竜王戦
大橋貴洸戦 脅威の逆転勝ち 新人王戦
澤田真吾戦  20連勝 棋王戦
増田康宏戦 29連勝 竜王戦
佐々木勇気戦 連勝ストップ 竜王戦
森内俊之戦  NHK杯生中継 NHK杯
屋敷伸之戦  A級初勝利 朝日杯
深浦康市戦  悔しい逆転負け 叡王戦
佐藤天彦戦  名人にも勝つ  朝日杯
梶浦宏孝戦  C2も1期抜け 順位戦
羽生善治戦  永世七冠に勝つ 朝日杯
広瀬章人戦  ついに初優勝 朝日杯

第2部は「解説編」として、その他の47局のポイントを解説しています。

本書には将棋の新時代を切り開く藤井聡太六段のすべてが詰まっています。

天才中の天才、藤井聡太の全59局をどうぞご堪能ください。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

藤井聡太、2年目の飛躍

史上5人目の中学生棋士としてプロデビューすると、公式戦負け無しの29連勝の大記録を打ち立て、一躍時の人となった藤井聡太七段。

本書はその藤井七段の2年目の足跡を振り返るものです。
平成30年度に終了した各期の棋戦において、藤井聡太七段が対局した棋譜、全60局を解説付きで収録します。

第1部は「重要対局詳解編」として、将棋ファンの記憶に残る珠玉の12局を詳細に解説しています。
2連覇を成し遂げた朝日杯決勝、七段昇段の一戦、升田幸三賞を受賞した△7七同飛成が出た竜王戦5組決勝、新人王戦決勝、遂に実現した師弟戦、執念で勝ち取った230手の大逆転など。
これらについてはすべて藤井七段本人のコメントつきとなっています。

第2部は「解説編」として、その他の48局のポイントを解説しています。いずれもファンを魅了する熱局、好局ばかりです。
前著では村山慈明七段による詳しい解説が大変好評いただきましたが、今回は佐藤天彦名人や斎藤慎太郎王座など、さらに豪華なメンバーに解説に加わっていただきました。

衝撃の1年目に劣らない実績と、魅せる将棋を数多く残してくれた藤井聡太七段。
本書でぜひその軌跡を追体験してください。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

デビューからの29連勝を皮切りに3年連続勝率8割超えと圧倒的な成績を残し続ける藤井聡太七段。

令和元年度は前期果たせなかった順位戦での昇級を成し遂げ、これまでどうしても届かなかったタイトル戦に王将戦であと1勝というところまで迫る活躍を見せてくれました。

将棋ファンの夢を背負って戦う藤井七段。

2020年6月4日、第91期ヒューリック杯棋聖戦で将棋界に新たな歴史を刻みました。17歳10か月20日、史上最年少でのタイトル挑戦です。

本書では、令和元年度に終了した棋戦における藤井聡太七段の全対局を収録。それに加えて特別編として6月4日の棋聖戦挑戦者決定戦の将棋も掲載します。

重要対局詳解編11局はすべて本人のコメント付き、解説編47局もすべてプロ棋士による詳細な解説があります。

最短の勝ち方、華麗な一手は今年も随所に見られますが、そこにさらに「手厚さ」が加わったのが見て取れるはずです。

稀代の天才・藤井聡太七段の進化をぜひ本書で味わってください。

「藤井聡太全局集(マイナビ出版)」の作品情報

レーベル
――
出版社
マイナビ出版
ジャンル
実用 囲碁・将棋
ページ数
332ページ (藤井聡太全局集 平成28・29年度版)
配信開始日
2018年6月29日 (藤井聡太全局集 平成28・29年度版)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad