電子書籍 再現使いは帰りたい ラノベ

著者: 赤雪トナ  イラストレータ: toi8 
みんなの★
4.8

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

再現使いは帰りたい 1 あらすじ・内容

著者累計80万部突破! 『竜殺しの過ごす日々』赤雪トナ最新作。「再現」の使い手となった青年の異世界での運命は?

大学の夏を満喫していた秋山平太は突如非日常に放り込まれる。
瞬きするとそこは実家のキッチンではなく、見覚えのない暗い部屋。
目の前にいるのは見知らぬ老人、言葉の通じない人々。
現状を理解できない平太は、一人の少女に手をひかれて、
外へ出ると広がっていたのは日本ではないどこかの街並みだった。
「小神エラメーラ」と名乗った少女と話していくうちに、平太は現状を知る。
誘拐も同然に異世界へと連れてこられたことに怒りを抱き、
エラメーラになだめられたこともあって、
平太はこの世界で過ごすことを受け入れるのだが―――。
やがて多くの人と出会い、多くの事件に遭遇する平太の異世界譚が始まろうとしていた。

赤雪 トナ(あかゆきとな):福岡県在住。
『竜殺しの過ごす日々』(ヒーロー文庫)にてデビュー。他著に『チート薬師の異世界旅』など。


Toi8(といはち):イラストレーター、アニメーター、漫画家。画集、小説の挿絵、アニメやゲームのデザインなど幅広く活躍。
「まおゆう魔王勇者」などラノベの挿絵も多数担当している。

この作品を共有

「再現使いは帰りたい」作品一覧

(6冊)

649〜792(税込)

まとめてカート

二度目の異世界召喚!? 世界が変わってしまった理由とは? 赤雪トナが贈る大人気ファンタジー、待望の第4弾が登場。

バイルドが完成させた送還の魔法によって、日本へと帰った平太。
いくつかの時が流れ、日本で平和な日常を送っていた平太は、
またも突然、異世界の平原へと呼び出されてしまう。
魔族との戦闘中に乱入する形となってしまった平太は、
偶然にも人間の勢力を助けたことに礼を言われる。
ひとまず現状を把握するために、
その場にいた青年のアロンド、獣人のサフリャ、
色人のサイニーと行動を共にするのだが、どうにも話が噛み合わない。
かつて平太が暮らしていたエラメルトの街を知らないらしく、
さらには大陸の西側には、なんと魔王の拠点があると言うのだが——。

赤雪 トナ(あかゆきとな):福岡県在住。『竜殺しの過ごす日々』(ヒーロー文庫)にてデビュー。他著に『チート薬師の異世界旅』など。

toi8(といはち):イラストレーター、アニメーター、漫画家。画集、小説の挿絵、アニメやゲームのデザインなど幅広く活躍。『まおゆう魔王勇者』などラノベの挿絵も多数担当している。

美少女獣人の剣は復讐に燃える――魔王を討て! 仇を獲れ! 「竜殺しの過ごす日々」赤雪トナ最新作!



魔王討伐軍の準備が整い、精鋭との鍛錬を終えた平太たち。いよいよ大陸の平和を取り戻すと気合を入れた軍は、大陸西側の陣地から出発し、魔王の住む朽ちた都市へと進んでいく。だが、旅路の途中、角族と魔物の襲撃に遭ってしまう。

なんとか払いのけた軍は、ようやく目的地に到着する。平太によって作られた城壁を中心に陣地を作り、初日の魔物との戦闘に挑む。見事、その戦いに勝利し一行は魔王軍との戦いも必ず勝てると大いなる希望を持つのだった。

士気上がる一同。だがしかし、その希望は――――魔王によって砕かれた。

魔王の夜襲は、軍の大半の者たちに絶望を抱かせるに十分だった。圧倒的劣勢。その中にあって平太たちは魔王への戦意を失うことはなかった。武器を握り、二本の足で大地を踏みしめ、立ち向かう意思を見せたのだった。





赤雪トナ(Tona Akayuki):福岡県在住。『竜殺しの過ごす日々』(ヒーロー文庫)にてデビュー。他著に『チート薬師の異世界旅』など。



toi8(トイハチ):イラストレーター、アニメーター、漫画家。画集、小説の挿絵、アニメやゲームのデザインなど幅広く活躍。『まおゆう魔王勇者』などラノベの挿絵も多数担当している。

『竜殺しの過ごす日々』赤雪トナ最新作第6弾。再現の使い手となった青年の異世界での大冒険…ついに完結!



薬草採取にロアルたちと向かう平太。探索困難とされる山だったが平太はこれまでの経験から十分な成果を上げることができた。これで約束が果たせると喜びながらエラメルトに帰ったが、エラメーラから思いもよらぬ一言を聞かされる。

「ミナが暗殺者に誘拐された」。

平太は、ミナを助けるため王都へロナたちと向かう。小神リヒャルトの力を借りて、王に謁見し協力して暗殺者たちからミナを救出する作戦を立てる。救出実行当日、平太は諜報員たちと合流し、暗殺者たちの隠れ家となっている老舗の店に侵入するのだが―――。

「再現」の使い手となった青年の異世界での冒険もついに完結。平太の運命は?そして未来は?