電子書籍 ユリイカ 実用

著: ジャン=リュック・ゴダール  著: 蓮實重彦  他

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ユリイカ 2015年1月号 特集=ゴダール2015 あらすじ・内容

2015年1月、ゴダール最新3D作品『さらば、愛の言葉よ』が公開!!

ゴダール初の長篇作品『勝手にしやがれ』から半世紀以上が経過し、
この度、最新3D作品『さらば、愛の言葉よ』が公開される。
ゴダール以上に映像の可能性を試し、示し続けて来た作家はいないのではないだろうか。
進化をつづける映画の巨匠、ゴダールの批評精神に迫りたい。

この作品を共有

「ユリイカ」最新刊

金子國義のめくるめく美の世界を総特集!!

デビュー以降、カウンター・カルチャーからサブカルまで、
シュルレアリスムから幻想絵画、そしてポップアートと、
時代の最先端を走り抜けた稀有の画家・金子國義。

文学世界から、ファッション、歌舞伎、バレエ、料理、着物など、
すべて頂点を目指した画家の美の王国に、鎮魂・追悼とともに多角的に迫る――。

「ユリイカ」作品一覧

(14冊)

1,300円〜1,900円(+税)

まとめてカート

2015年1月、ゴダール最新3D作品『さらば、愛の言葉よ』が公開!!

ゴダール初の長篇作品『勝手にしやがれ』から半世紀以上が経過し、
この度、最新3D作品『さらば、愛の言葉よ』が公開される。
ゴダール以上に映像の可能性を試し、示し続けて来た作家はいないのではないだろうか。
進化をつづける映画の巨匠、ゴダールの批評精神に迫りたい。

メディアの中、そして街中いたるところに、<男の娘>がいる!!

〈男の娘(おとこのこ)〉――『ストップ!!ひばりくん』から『変[HEN]』、『ハヤテのごとく』…
マンガやゲーム、さまざまなフィクションに描かれてきた
“少女に見まがうばかりの少年キャラクター”に対して用いられてきた呼称は
今日、より現実的な領域におけるスタイルとしても多面的に実践されるようになっている。
コスプレなどのパフォーマンスや祝祭的な女装イベントを通して趣味と実存を彫刻していくそのありかたは、
あるいはこれまでの「女装」という行為の一面を書き換えることになるかもしれない。
源流としての神話や歴史、コンテンツに現れる表象の分析、創作者たちの対話から
〈男の娘〉をめぐるまなざしとその営為に迫る。

世界三大映画祭すべてにおいて監督賞を受賞した気鋭の映画監督、ポール・トーマス・アンダーソン。
世界文学を代表する小説家、トマス・ピンチョン『インヒアレント・ヴァイス』の映画化で、大きな話題を呼んでいる。
鬼才と鬼才が邂逅する今作品を起点に、ポール・トーマス・アンダーソンをめぐる映画史的状況を考察する。

「ユリイカ」の作品情報

レーベル
――
出版社
青土社
ジャンル
実用 映画
ページ数
347ページ (ユリイカ 2015年1月号 特集=ゴダール2015)
配信開始日
2016年12月27日 (ユリイカ 2015年1月号 特集=ゴダール2015)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad