電子書籍 あの日、陽だまりの縁側で、母は笑ってさよならと言った 文芸・小説

著: 水瀬さら  イラスト: ふすい 

まずは、無料で試し読み

試し読み

49ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

あの日、陽だまりの縁側で、母は笑ってさよならと言った あらすじ・内容

ネットで生まれた涙あふれる母娘小説、ついに刊行! 自由奔放な母に嫌気が差し、田舎を飛び出してひとりで暮らす綾乃。そんな綾乃の家に、ある日突然、母の珠貴がやってきた。不本意ながら始まった数年ぶりの母娘生活は、綾乃の同僚若菜くんや、隣の家の不登校少女すずちゃんを巻き込んで、綾乃の望まない形で賑やかになっていく。だが、ある時綾乃は気付いてしまう。珠貴の身体が、すでに取り返しのつかない状態になっていることに。そしてあろうことか、綾乃の身体にも――

この作品を共有

「あの日、陽だまりの縁側で、母は笑ってさよならと言った」最新刊

ネットで生まれた涙あふれる母娘小説、ついに刊行! 自由奔放な母に嫌気が差し、田舎を飛び出してひとりで暮らす綾乃。そんな綾乃の家に、ある日突然、母の珠貴がやってきた。不本意ながら始まった数年ぶりの母娘生活は、綾乃の同僚若菜くんや、隣の家の不登校少女すずちゃんを巻き込んで、綾乃の望まない形で賑やかになっていく。だが、ある時綾乃は気付いてしまう。珠貴の身体が、すでに取り返しのつかない状態になっていることに。そしてあろうことか、綾乃の身体にも――

「あの日、陽だまりの縁側で、母は笑ってさよならと言った」の作品情報

レーベル
アルファポリス
出版社
アルファポリス
ジャンル
文芸・小説 男性向け
ページ数
249ページ (あの日、陽だまりの縁側で、母は笑ってさよならと言った)
配信開始日
2018年7月6日 (あの日、陽だまりの縁側で、母は笑ってさよならと言った)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad