電子書籍 映画でみがく英語道 松本道弘の映画道場(ES BOOKS) 実用

著者: 松本道弘 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

映画でみがく英語道 松本道弘の映画道場 映画「恋愛小説家」編 あらすじ・内容

ウェイトレスの英語、小説家の英語、両方の中にナマの”英語の大和言葉”を見つけ出す!!

『映画でみがく英語道 松本道弘の映画道場』は、映画を見て単に英語を学ぶ作品内容ではありません。映画を見て“英語道”を磨くための作品です。
海外に一度も行くことがない環境で学生時代の松本道弘先生が英語道の修行をした場所は映画館でした。インターネットはもちろんなく、DVDはおろか、ビデオも何もない時代、ナマの英語を聞く機会は非常に限られていました。

英語道の基本であるRhythm & Logicを身につけるためには、英語の発音のリズムを体得することと、英語という言語の根本にある論理構造や文化背景を理解することが必要です。真剣に劇中の登場人物の“人となり”や、場面の位置づけ、舞台となっている場所と時代などが分かって初めて、そこで使われている生きた英語の表現が分かり、その表現に秘められたニュアンスを感じ取ることができるようになるのです。
映画を見て、英語道の達人、松本道弘先生が何を感じ何を考えたかを知る、今までにない電子書籍です。

この作品を共有

「映画でみがく英語道 松本道弘の映画道場(ES BOOKS)」最新刊

陪審員が全員一致に至る道程はまさにディベートの嵐。
松本英語道の原点となった不朽の名作を振り返る!

『映画でみがく英語道 松本道弘の映画道場』は、映画を見て単に英語を学ぶ作品内容ではありません。映画を見て“英語道”を磨くための作品です。
海外に一度も行くことがない環境で学生時代の松本道弘先生が英語道の修行をした場所は映画館でした。インターネットはもちろんなく、DVDはおろか、ビデオも何もない時代、ナマの英語を聞く機会は非常に限られていました。

英語道の基本であるRhythm & Logicを身につけるためには、英語の発音のリズムを体得することと、英語という言語の根本にある論理構造や文化背景を理解することが必要です。真剣に劇中の登場人物の“人となり”や、場面の位置づけ、舞台となっている場所と時代などが分かって初めて、そこで使われている生きた英語の表現が分かり、その表現に秘められたニュアンスを感じ取ることができるようになるのです。
映画を見て、英語道の達人、松本道弘先生が何を感じ何を考えたかを知る、今までにない電子書籍です。

「映画でみがく英語道 松本道弘の映画道場(ES BOOKS)」作品一覧

(4冊)

各660(税込)

まとめてカート

ウェイトレスの英語、小説家の英語、両方の中にナマの”英語の大和言葉”を見つけ出す!!

『映画でみがく英語道 松本道弘の映画道場』は、映画を見て単に英語を学ぶ作品内容ではありません。映画を見て“英語道”を磨くための作品です。
海外に一度も行くことがない環境で学生時代の松本道弘先生が英語道の修行をした場所は映画館でした。インターネットはもちろんなく、DVDはおろか、ビデオも何もない時代、ナマの英語を聞く機会は非常に限られていました。

英語道の基本であるRhythm & Logicを身につけるためには、英語の発音のリズムを体得することと、英語という言語の根本にある論理構造や文化背景を理解することが必要です。真剣に劇中の登場人物の“人となり”や、場面の位置づけ、舞台となっている場所と時代などが分かって初めて、そこで使われている生きた英語の表現が分かり、その表現に秘められたニュアンスを感じ取ることができるようになるのです。
映画を見て、英語道の達人、松本道弘先生が何を感じ何を考えたかを知る、今までにない電子書籍です。

抑圧装置としての病院ビジネスに、白人による支配構造を見つけ出す!!

『映画でみがく英語道 松本道弘の映画道場』は、映画を見て単に英語を学ぶ作品内容ではありません。映画を見て“英語道”を磨くための作品です。
海外に一度も行くことがない環境で学生時代の松本道弘先生が英語道の修行をした場所は映画館でした。インターネットはもちろんなく、DVDはおろか、ビデオも何もない時代、ナマの英語を聞く機会は非常に限られていました。

英語道の基本であるRhythm & Logicを身につけるためには、英語の発音のリズムを体得することと、英語という言語の根本にある論理構造や文化背景を理解することが必要です。真剣に劇中の登場人物の“人となり”や、場面の位置づけ、舞台となっている場所と時代などが分かって初めて、そこで使われている生きた英語の表現が分かり、その表現に秘められたニュアンスを感じ取ることができるようになるのです。
映画を見て、英語道の達人、松本道弘先生が何を感じ何を考えたかを知る、今までにない電子書籍です。

“the last temptation” は「最後の誘惑」ではなく、「あってはならない誘惑」。
映画館焼き討ちまで起きた問題作を「誘惑」から再検証する!

『映画でみがく英語道 松本道弘の映画道場』は、映画を見て単に英語を学ぶ作品内容ではありません。映画を見て“英語道”を磨くための作品です。
海外に一度も行くことがない環境で学生時代の松本道弘先生が英語道の修行をした場所は映画館でした。インターネットはもちろんなく、DVDはおろか、ビデオも何もない時代、ナマの英語を聞く機会は非常に限られていました。

英語道の基本であるRhythm & Logicを身につけるためには、英語の発音のリズムを体得することと、英語という言語の根本にある論理構造や文化背景を理解することが必要です。真剣に劇中の登場人物の“人となり”や、場面の位置づけ、舞台となっている場所と時代などが分かって初めて、そこで使われている生きた英語の表現が分かり、その表現に秘められたニュアンスを感じ取ることができるようになるのです。
映画を見て、英語道の達人、松本道弘先生が何を感じ何を考えたかを知る、今までにない電子書籍です。

「映画でみがく英語道 松本道弘の映画道場(ES BOOKS)」の作品情報

レーベル
ES BOOKS
出版社
DBジャパン
ジャンル
実用 エッセイ 英語 語学 映画
ページ数
47ページ (映画でみがく英語道 松本道弘の映画道場 映画「恋愛小説家」編)
配信開始日
2018年7月10日 (映画でみがく英語道 松本道弘の映画道場 映画「恋愛小説家」編)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad