電子書籍 異世界屋台めし「えにし亭」(MFブックス) ラノベ

著者: 鬼ノ城ミヤ  イラスト: 岡谷 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

69ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

異世界屋台めし「えにし亭」 あらすじ・内容

アラフォー料理人が異世界の屋台で人生再スタート!

斉藤剛はかつて大阪の一等地に店を構えるほどの料理の腕を持っていた料理人。しかし彼は、金目当ての詐欺師に騙されたせいで店を失い、今は田舎街でほそぼそと小さな料理屋「えにし亭」を営んでいた。
そんなある日、謎の声を聞いたツヨシは、いきなり異世界に飛ばされてしまう。
「ここで出会ったのも何かのご縁、ってな」
ツヨシは異世界で出会った、奴隷商に売られそうだったエルフの少女、いかにも訳ありな関西弁ロリッ子、そして巨大な魔獣犬をお供に、キッチンカー仕様の屋台で「えにし亭」を開く。
すると、いつのまにかツヨシの作る美味しい料理が異世界で話題になっていき――。
アラフォー料理人が異世界で人生再スタート! 異世界屋台めし「えにし亭」ここに開店!

この作品を共有

「異世界屋台めし「えにし亭」(MFブックス)」最新刊

異世界に召喚されたアラフォー料理人・斉藤剛は、その料理の腕を活かして屋台を営業しながら旅をすることに。
次にツヨシ達が訪れたのは春の気候の町サハル。ツヨシが作る異世界の食べ物に惹かれて、次々にお客が訪れる。そのなかには、いろいろな事情を持つ客もいて──?
モンスターに畑を荒らされて困り果てた村人、売れなくなったパン屋を助けたい少年に、何を食べてもまずいとしか言わなくなった娘を笑顔にしたい婦人。
「俺の飯を食ってよ、美味いって言ってもらえるのがうれしくてな」
ツヨシの作る美味しい料理と人情に、異世界の人たちが癒されていく。
じんわり心温まる、異世界屋台グルメファンタジー、第二幕も営業開始!

「異世界屋台めし「えにし亭」(MFブックス)」作品一覧

(2冊)

1,320〜1,430(税込)

まとめてカート

斉藤剛はかつて大阪の一等地に店を構えるほどの料理の腕を持っていた料理人。しかし彼は、金目当ての詐欺師に騙されたせいで店を失い、今は田舎街でほそぼそと小さな料理屋「えにし亭」を営んでいた。
そんなある日、謎の声を聞いたツヨシは、いきなり異世界に飛ばされてしまう。
「ここで出会ったのも何かのご縁、ってな」
ツヨシは異世界で出会った、奴隷商に売られそうだったエルフの少女、いかにも訳ありな関西弁ロリッ子、そして巨大な魔獣犬をお供に、キッチンカー仕様の屋台で「えにし亭」を開く。
すると、いつのまにかツヨシの作る美味しい料理が異世界で話題になっていき――。
アラフォー料理人が異世界で人生再スタート! 異世界屋台めし「えにし亭」ここに開店!

異世界に召喚されたアラフォー料理人・斉藤剛は、その料理の腕を活かして屋台を営業しながら旅をすることに。
次にツヨシ達が訪れたのは春の気候の町サハル。ツヨシが作る異世界の食べ物に惹かれて、次々にお客が訪れる。そのなかには、いろいろな事情を持つ客もいて──?
モンスターに畑を荒らされて困り果てた村人、売れなくなったパン屋を助けたい少年に、何を食べてもまずいとしか言わなくなった娘を笑顔にしたい婦人。
「俺の飯を食ってよ、美味いって言ってもらえるのがうれしくてな」
ツヨシの作る美味しい料理と人情に、異世界の人たちが癒されていく。
じんわり心温まる、異世界屋台グルメファンタジー、第二幕も営業開始!

「異世界屋台めし「えにし亭」(MFブックス)」の作品情報

レーベル
MFブックス
出版社
KADOKAWA
ジャンル
ライトノベル 男性向け めがイラスト 異世界系作品
ページ数
350ページ (異世界屋台めし「えにし亭」)
配信開始日
2018年7月25日 (異世界屋台めし「えにし亭」)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad