電子書籍 えんぴつで書く御詠歌 「西国三十三所」 なぞり書きでめぐる札所霊場 実用

著者: 八木透  著者: 樋口英岱 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

えんぴつで書く御詠歌 「西国三十三所」 なぞり書きでめぐる札所霊場 あらすじ・内容

御詠歌をしずかに味わい、心に刻む。観音巡礼の道を想いながら、文字をなぞって書き写す、あたらしい札所巡りの旅へ。

★ 御詠歌をしずかに味わい、心に刻む。

★ 観音巡礼の道を想いながら、文字をなぞって書き写す、あたらしい札所巡りの旅へ。

★ 筆書きによるお手本のほか、御詠歌の意味、各霊場の由来など解説も充実しています。


◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆

心を澄ませてなぞり書きすれば、観音菩薩が身近に感じられる。

青空にぽっかり浮かんだ白い雲に導かれ、日常生活を忘れ、無欲の境地で霊場を訪ねて回りたい…。
ふいにそんな思いに駆られることがあるだろう。
札所巡礼が今人気だ。
リタイヤした団塊世代とともに、若い人の増加がこのブームを後押ししている。

人生のリセット、自分探しや癒しを求めた旅、一時避難など理由は様々だ。
巡礼者の増加には、生きにくさを増した現代社会が背景にあるように思える。
とはいえ、実際に札所に足を運ぶのは大変だ。
費用はかかるし、ある程度まとまった時間も必要になってくる。

そんな方におすすめしたいのが、御詠歌のなぞり書きである。

なぞり書きをしているとささくれだったキモチの角が取れ、心が落ち着いてくる。
そして、何か大きなものに抱かれているような安心感も湧いてくるだろう。
仏に祈ったり、座禅を組んだりする行為に似ていると語る人もいるくらいだ。

書きながら自分なりの歌の解釈を見つけるのもいいだろう。
歌の内容がわかると、その札所の魅力も倍加する。
意味を理解してから参拝すれば、より深い感動が得られるはずだ。

毛筆での模範例を書道家の樋口秀岱先生に示してもらった。
これを参考に筆書きにも挑戦していただきたい。

この作品を共有

「えんぴつで書く御詠歌 「西国三十三所」 なぞり書きでめぐる札所霊場」最新刊

★ 御詠歌をしずかに味わい、心に刻む。

★ 観音巡礼の道を想いながら、文字をなぞって書き写す、あたらしい札所巡りの旅へ。

★ 筆書きによるお手本のほか、御詠歌の意味、各霊場の由来など解説も充実しています。


◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆

心を澄ませてなぞり書きすれば、観音菩薩が身近に感じられる。

青空にぽっかり浮かんだ白い雲に導かれ、日常生活を忘れ、無欲の境地で霊場を訪ねて回りたい…。
ふいにそんな思いに駆られることがあるだろう。
札所巡礼が今人気だ。
リタイヤした団塊世代とともに、若い人の増加がこのブームを後押ししている。

人生のリセット、自分探しや癒しを求めた旅、一時避難など理由は様々だ。
巡礼者の増加には、生きにくさを増した現代社会が背景にあるように思える。
とはいえ、実際に札所に足を運ぶのは大変だ。
費用はかかるし、ある程度まとまった時間も必要になってくる。

そんな方におすすめしたいのが、御詠歌のなぞり書きである。

なぞり書きをしているとささくれだったキモチの角が取れ、心が落ち着いてくる。
そして、何か大きなものに抱かれているような安心感も湧いてくるだろう。
仏に祈ったり、座禅を組んだりする行為に似ていると語る人もいるくらいだ。

書きながら自分なりの歌の解釈を見つけるのもいいだろう。
歌の内容がわかると、その札所の魅力も倍加する。
意味を理解してから参拝すれば、より深い感動が得られるはずだ。

毛筆での模範例を書道家の樋口秀岱先生に示してもらった。
これを参考に筆書きにも挑戦していただきたい。

「えんぴつで書く御詠歌 「西国三十三所」 なぞり書きでめぐる札所霊場」の作品情報

レーベル
――
出版社
メイツ出版
ジャンル
実用
ページ数
98ページ (えんぴつで書く御詠歌 「西国三十三所」 なぞり書きでめぐる札所霊場)
配信開始日
2018年7月14日 (えんぴつで書く御詠歌 「西国三十三所」 なぞり書きでめぐる札所霊場)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad