電子書籍 水力発電が日本を救う ふくしまチャレンジ編 実用

監修: 竹村公太郎  著: 福島水力発電促進会議 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

水力発電が日本を救う ふくしまチャレンジ編 あらすじ・内容

真の自立のため人々は立ち上がった!
福島からエネルギー革命が始まる!!

新規大型ダムを建設しなくても、既存ダムの潜在能力を発揮させれば水力発電量が2~3倍に。
安定的な再生可能エネルギーを確保し、
地元経済を活性化し、
100年後の日本に大きな富を残す
――夢のプロジェクトが動き出した! 

福島のみならず日本を救う「ふくしまモデル」を実現するために国民一人ひとりができることとは?

ベストセラー『水力発電が日本を救う』実践編。


【主要目次】
プロローグ 日本の水力革命は福島から始まる
第1章 なぜ福島は水力増強を実践するのか
第2章 ダムを増やさずに水力発電を増やす竹村理論とは
第3章 竹村理論の実践で浮かんだ問題点
第4章 竹村理論を実現するための解決策
エピローグ 子供たちに幸せな郷土と国を遺すために

この作品を共有

「水力発電が日本を救う ふくしまチャレンジ編」最新刊

真の自立のため人々は立ち上がった!
福島からエネルギー革命が始まる!!

新規大型ダムを建設しなくても、既存ダムの潜在能力を発揮させれば水力発電量が2~3倍に。
安定的な再生可能エネルギーを確保し、
地元経済を活性化し、
100年後の日本に大きな富を残す
――夢のプロジェクトが動き出した! 

福島のみならず日本を救う「ふくしまモデル」を実現するために国民一人ひとりができることとは?

ベストセラー『水力発電が日本を救う』実践編。


【主要目次】
プロローグ 日本の水力革命は福島から始まる
第1章 なぜ福島は水力増強を実践するのか
第2章 ダムを増やさずに水力発電を増やす竹村理論とは
第3章 竹村理論の実践で浮かんだ問題点
第4章 竹村理論を実現するための解決策
エピローグ 子供たちに幸せな郷土と国を遺すために

「水力発電が日本を救う ふくしまチャレンジ編」の作品情報

レーベル
――
出版社
東洋経済新報社
ジャンル
実用 経済 学問
ページ数
193ページ (水力発電が日本を救う ふくしまチャレンジ編)
配信開始日
2018年8月3日 (水力発電が日本を救う ふくしまチャレンジ編)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad