電子書籍 独眼探偵 マンガ

完結
著者: 横山まさみち 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

独眼探偵(1) あらすじ・内容

元警視庁の刑事・秋月正雄は、汚職事件を捜査中に母親を殺され、自身も片目を失った。刑事を辞めて探偵となった正雄は、世の巨悪と闘う鬼となった。明晰な頭脳と冷静な推理で悪を追い詰める彼を、人は独眼探偵と呼ぶ――――。
横山まさみちが描く伝説のハードボイルド巨編、ここに登場!
目次
プロローグ
第一章 にせもの
第二章 鉄のパンチ
第三章 黒い長い道
第四章 群狼の中へ
第五章 待ち伏せ
第六章 どたんば作戦
第七章 危機一髪
第八章 めくら射ち
エピローグ

この作品を共有
  

「独眼探偵」最新刊

横山まさみちが描く伝説のハードボイルド巨編、ここに登場!
元警視庁の刑事・秋月正雄は、汚職事件を捜査中に母親を殺され、自身も片目を失った……。刑事を辞めて探偵となった正雄は、世の巨悪と闘う鬼となった。明晰な頭脳と冷静な推理で悪を追い詰める彼を、人は独眼探偵と呼ぶ――――。
国道4号線・福島、東京間で起きた現金輸送車強奪事件を捜査中の独眼探偵は……。

「独眼探偵」作品一覧

(4冊)

各638(税込)

まとめてカート

元警視庁の刑事・秋月正雄は、汚職事件を捜査中に母親を殺され、自身も片目を失った。刑事を辞めて探偵となった正雄は、世の巨悪と闘う鬼となった。明晰な頭脳と冷静な推理で悪を追い詰める彼を、人は独眼探偵と呼ぶ――――。
横山まさみちが描く伝説のハードボイルド巨編、ここに登場!
目次
プロローグ
第一章 にせもの
第二章 鉄のパンチ
第三章 黒い長い道
第四章 群狼の中へ
第五章 待ち伏せ
第六章 どたんば作戦
第七章 危機一髪
第八章 めくら射ち
エピローグ

横山まさみちが描く伝説のハードボイルド巨編、ここに登場!
元警視庁の刑事・秋月正雄は、汚職事件を捜査中に母親を殺され、自身も片目を失った……。刑事を辞めて探偵となった正雄は、世の巨悪と闘う鬼となった。明晰な頭脳と冷静な推理で悪を追い詰める彼を、人は独眼探偵と呼ぶ――――。
曲者揃いの仲間に命を狙われている吉良野社長を護衛することになった独眼探偵は……。
目次
プロローグ
第1章 第一の殺人
第2章 第二の殺人
第3章 第三の殺人
第4章 第四の殺人
第5章 第五の殺人
第6章 第六の殺人
第7章 第七の殺人
第8章 殺人アンコール
エピローグ

横山まさみちが描く伝説のハードボイルド巨編、ここに登場!
元警視庁の刑事・秋月正雄は、汚職事件を捜査中に母親を殺され、自身も片目を失った……。刑事を辞めて探偵となった正雄は、世の巨悪と闘う鬼となった。明晰な頭脳と冷静な推理で悪を追い詰める彼を、人は独眼探偵と呼ぶ――――。
政界の黒幕・荒林と暴力団のボス・谷部が殺された。同一犯と目される殺人犯を追った独眼探偵は……。

「独眼探偵」の作品情報

レーベル
――
出版社
ゴマブックス
ジャンル
マンガ 完結
ページ数
201ページ (独眼探偵(1))
配信開始日
2014年6月5日 (独眼探偵(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad