電子書籍 「GENBUN MAGAZINE」シリーズ マンガ

著者: 小林源文 

まずは、無料で試し読み

試し読み

48ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

GENBUN MAGAZINE Vol.001 あらすじ・内容

小林源文の渾身の描き下ろしを収めたGENBUN MAGAZINE(ゲンブン・マガジン)創刊号。

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※本書に掲載の各種情報、募集案内、連絡先などは紙版刊行当時のものです。ご注意ください。

■「まえがき」より

『ゲンブン ・マガジン』創刊号です。

2006年から、見せる要素の強い雑誌を出版したいと企画を進めてきた。

今まで避けて足を踏み入れていない太平洋戦争の歴史を、全部は無理でも全般的に誰もが理解しやすい(ホントは自分が一番理解したいんだ)内容で描きたいと思ってきた。

一年以上過ぎても企画が一歩も前進しない。前進しないどころかアレがどうだとか、コレはどうだとか干渉され、最初のポリシーや企画と全然異質のものになりそうだった。まわりの意見を聞いていると、無意味な記事が増えて、ただの軍事雑誌となり出版不況と経済不況のなかで、まったく売れないゴミ雑誌になってしまうのは目に見えている。

以前メジャー誌で『オメガ』を連載した。その編集長が「一冊の単行本にネタテンコ盛りですね。うちなら単行本十冊分です」と言う。水増しした本を作ってたら、そりゃ一本も売れなくなるでしょう。

最初に企画してから一年半が過ぎようとしている。もう時間がない。

ただ夢を語るのは誰だってできる。俺は酔っ払いの戯言や無意味な夢は持たないし、もう待てない。

俺の寿命は限られている。夢は実現可能な計画だけだ。

俺は自費出版でやると決めた。

書籍コードだって、広告だって不要だ。

と、決定したのは8月初旬だった。

優れもの編集の相棒を得て、台割作りからスタートした。最初の台割と少し違ったが、いま完成に向かっている。

この作品を共有
  

「「GENBUN MAGAZINE」シリーズ」最新刊

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※本書に掲載の各種情報、募集案内、連絡先などは紙版刊行当時のものです。ご注意ください。

■「マインカンプII」より

前作vol.009 マインカンプの続きです…。

ここから川崎ので中学生時代の話が始まりますが、月島での一番大事な「貸し本屋」の話を書くのを忘れていました。
この月島にいた二年間が、一番愉しい少年の時期だったと思います。

「貸し本屋」さんとの出会いはこの月島で始まります。
当時の雑誌は割と高いものでした。少年サンデーがチキンラーメンと同じ値段だったと書きましたが、チキンラーメンも高い商品だったんですね。両方とも当時はたぶん「三十円」でした。

「貸し本屋」さんは商業誌では月刊誌のマンガや文芸誌や小説、それに多数の貸本用のマンガ単行本が書棚にいっぱいあふれていました。つまり、この当時は本はちょっと高めの娯楽だったのです。

貸本屋さんも沢山ありました。
神保町の古本屋さんの雰囲気がありました。

そこに身分証明の代わりに米穀通帳か保険証を持っていき、小さいカードを発行してもらいます。図書館で本を借りるようなものです(米穀通帳とは戦時中から続いていた名残で、コメの配給制度でできた通帳で各家庭に一冊はありました。その後、昭和四十年代にコメの自由化で米穀通帳は消えていきます)。

「「GENBUN MAGAZINE」シリーズ」作品一覧

(10冊)

1,320〜1,980(税込)

まとめてカート

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※本書に掲載の各種情報、募集案内、連絡先などは紙版刊行当時のものです。ご注意ください。

■「まえがき」より

『ゲンブン ・マガジン』創刊号です。

2006年から、見せる要素の強い雑誌を出版したいと企画を進めてきた。

今まで避けて足を踏み入れていない太平洋戦争の歴史を、全部は無理でも全般的に誰もが理解しやすい(ホントは自分が一番理解したいんだ)内容で描きたいと思ってきた。

一年以上過ぎても企画が一歩も前進しない。前進しないどころかアレがどうだとか、コレはどうだとか干渉され、最初のポリシーや企画と全然異質のものになりそうだった。まわりの意見を聞いていると、無意味な記事が増えて、ただの軍事雑誌となり出版不況と経済不況のなかで、まったく売れないゴミ雑誌になってしまうのは目に見えている。

以前メジャー誌で『オメガ』を連載した。その編集長が「一冊の単行本にネタテンコ盛りですね。うちなら単行本十冊分です」と言う。水増しした本を作ってたら、そりゃ一本も売れなくなるでしょう。

最初に企画してから一年半が過ぎようとしている。もう時間がない。

ただ夢を語るのは誰だってできる。俺は酔っ払いの戯言や無意味な夢は持たないし、もう待てない。

俺の寿命は限られている。夢は実現可能な計画だけだ。

俺は自費出版でやると決めた。

書籍コードだって、広告だって不要だ。

と、決定したのは8月初旬だった。

優れもの編集の相棒を得て、台割作りからスタートした。最初の台割と少し違ったが、いま完成に向かっている。

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※本書に掲載の各種情報、募集案内、連絡先などは紙版刊行当時のものです。ご注意ください。

■あとがきより

《Vol.002の総括とゴメンナサイ》
Vol.001が昨年末に出てからが大変で、書店への営業(現在はサボッテル)に、発送の準備して袋詰め。ソフトパンクから穴が開いたから、SF物『士官候補生ハイト』を出したいという電話で2009年の大忙しの毎日が始まった。

2、3月は学研から『ノルマンディ1944』の単行本を出すので、単行本描き足しには(日系部隊の連載ダメ出しになったので、学研連載やめる切っかけになった)日系部隊のダイジェスト版16ページを描いたり、巻末のオマハ海岸の陣地の地図の修正などあれやこれや。

次にソフトパンクの単行本『キャットシットワン'80 Vol.2』の書き足し12ページを悪戦苦闘しながら、印刷間に合わないと電話で編集長の声を聞きながらてんやわんや。そしてなんだかんだと、単行本も含めて四色表紙を四枚描き上げた。

暖かくなったり寒くなったり、神保町事務所のコンクリートの壁が温度収縮でミシミシキュキュ、パッキーン!と、嗚る。これで二度目の冬を神保町で越したことになる。今回は体調がチョイおかしくなった。熱が出ないまでも今も頭痛がする。今年で二回目だ。睡眠不足かな。事務所の生活もキツイので今年の秋には近所でワンルームマンションでも借りようと思っている。60近いのに俺何やってんだろ。

そんなこんなで忙しくて『ZERO-太平洋戦記』は調べること多すぎで、なかなか思うように下書きが進まない。でも義父の記録が丁度よく展開してくれたので、話作りに助かっている。次はシンガポール攻略戦で始まり、軍神、ドーリットル攻撃隊などの三大噺の予定です。

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※本書に掲載の各種情報、募集案内、連絡先などは紙版刊行当時のものです。ご注意ください。

■「まえがき」より

この夏、神保町の編集部で、単行本の打ち合わせに大阪からいらした「下田四郎さん」と初めてお会いした。

下田四郎さんの紹介に関しては今回の新連載を読んで頂くとして、自分は「第二次大戦物の漫画を生業にしている小林です」と自己紹介した。もう五十代後半で太平洋戦争をいま描かないと人生終わっちゃいそうで、と言ってしまった。

そうしたらサイパン島で3%の生き残りの下田さんから「わしはもうすぐ90だぞ!」と戒められてしまった。

《サイパン・B-29》、《大陸打通作戦・B-29》、《本土防空戦・B-29》が頭の中でプクプクと濁りながら湧いてくる。《三大噺》だ。これ全部関連しているのだ。

で、始めたのが『ZEROプラス1 太平洋の落日』なのだ。多くの戦史を読むと単体の作戦の解説記事ばっかりだ。同時期に起きた事柄は歴史上では全部繋がっているのだ。

よし!それじゃー下田四郎さんと会って感動した勢いで、独断と偏見で勝手ながら昭和19年の太平洋戦争の末期を平行して新連載とした。

本来、ゲンブンマガジンは航空戦を主体に始めようと考えていた。《ラバウル航空戦》かっこいいじゃーないか。でも太平洋戦争を調べだしたら、アレも足りない、これも足りない。つまり最初から(ちょっと語弊があるな)一応時系列に沿って真珠湾攻撃から始めたわけだ。でも、まだまだ満足できるほどには調べ足りないので、なかなかミッドウェー海戦まで行けないんだ。どれを削るべきか無視すべきか悩みは尽きない。

「「GENBUN MAGAZINE」シリーズ」の作品情報

レーベル
――
出版社
SBクリエイティブ
ジャンル
マンガ 男性向け 青年マンガ
ページ数
99ページ (GENBUN MAGAZINE Vol.001)
配信開始日
2018年8月24日 (GENBUN MAGAZINE Vol.001)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad