電子書籍 ダンジョン・シェルパ 迷宮道先案内人(レジェンドノベルス) ラノベ

著: 加茂セイ  イラスト: 布施龍太 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

27ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ダンジョン・シェルパ 迷宮道先案内人 1 あらすじ・内容

迷宮道先案内人(ダンジョン・シェルパ)。それは、迷宮探索及び攻略を目指す冒険者たちの手助け――道案内兼荷物持ちを生業とする者たちの総称である。若くして腕利きのシェルパとして知られるロウは、王都で勇名を馳せて迷宮にやってきた勇者のパーティ“宵闇の剣”と契約することに。ひと癖もふた癖もあるメンバーとの探索は順調に進むかに見えたが、かつてない災難がロウを待ち受けていた!

この作品を共有

「ダンジョン・シェルパ 迷宮道先案内人(レジェンドノベルス)」最新刊

タイロス迷宮の地下五十階層で伝説の魔物とまで呼ばれた死霊魔王(リッチ)と遭遇したパーティ“宵闇の剣”。迷宮道先案内人(シェルパ)であるロウの機転もあって、激烈な闘いを制することができたが、パーティは分散してしまう。なんとかしてパーティからはぐれてしまったロウとベリィを救出した一行はようやく地上に帰還。ロウとユイカの関係も大きく前進するのだが……。

「ダンジョン・シェルパ 迷宮道先案内人(レジェンドノベルス)」作品一覧

(2冊)

各1,188(税込)

まとめてカート

迷宮道先案内人(ダンジョン・シェルパ)。それは、迷宮探索及び攻略を目指す冒険者たちの手助け――道案内兼荷物持ちを生業とする者たちの総称である。若くして腕利きのシェルパとして知られるロウは、王都で勇名を馳せて迷宮にやってきた勇者のパーティ“宵闇の剣”と契約することに。ひと癖もふた癖もあるメンバーとの探索は順調に進むかに見えたが、かつてない災難がロウを待ち受けていた!

タイロス迷宮の地下五十階層で伝説の魔物とまで呼ばれた死霊魔王(リッチ)と遭遇したパーティ“宵闇の剣”。迷宮道先案内人(シェルパ)であるロウの機転もあって、激烈な闘いを制することができたが、パーティは分散してしまう。なんとかしてパーティからはぐれてしまったロウとベリィを救出した一行はようやく地上に帰還。ロウとユイカの関係も大きく前進するのだが……。

「ダンジョン・シェルパ 迷宮道先案内人(レジェンドノベルス)」のおすすめコメント

ダンジョン・シェルパ 迷宮道先案内人 1 SS典子(BOOK☆WALKER スタッフ) 登録日:2018/10/12

こいつ…デキる!勇者を陰から(?)助ける腹黒・案内人

ダンジョン攻略に欠かせない存在、迷宮道先案内人(ダンジョン・シェルパ)。 冒険者たちの地図となり道先を案内するだけでなく、荷物持ちや食事の用意、宝集めなど多岐にわたる仕事をこなす主人公のロウ。 ニコニコと笑顔を欠かさず、仕事も完璧で料理も美味い。 …が旅の途中で売れそうな薬草を集めたり(ちゃっかり副業)、冒険者たちに“高額”ポーションを売りつけたり。 ぐぬぬ…となりながらもTPOをわきまえた(?)商売に頭が上がらない冒険者たち。 何かと「別料金ですよ?」と笑顔で言い放つロウの腹黒さに思わずニヤニヤしてしまう。 そんなロウの噂を聞きつけた“凄腕”パーティが高額で契約を申し込み、 最短で最深部を目指すところからワクワクが止まらない冒険が始まります。 若く美しいリーダー、ユイカの的確な指示の元、次々とダンジョンを進み、あっという間に未踏の地へ。 そこに待ち受けていたのは“新種の毒”に今までの闘い方を根本から覆す最強の敵…。 負傷した冒険者たちを手早く介抱し、大荷物と負傷者を抱え走るロウは誰よりも賢く強く頼れる存在に。 しかし応急処置はできても戦えないロウと戦力が乏しくなった冒険者たち。 未踏の地で絶体絶命の中、どうなってしまうの!? 一気読み必至の続刊が待ち遠しい1冊です。

「ダンジョン・シェルパ 迷宮道先案内人(レジェンドノベルス)」の作品情報

レーベル
レジェンドノベルス
出版社
講談社
ジャンル
ライトノベル 試し読み増量中
ページ数
277ページ (ダンジョン・シェルパ 迷宮道先案内人 1)
配信開始日
2018年10月5日 (ダンジョン・シェルパ 迷宮道先案内人 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad