電子書籍 女王陛下の異世界戦略(レジェンドノベルス) ラノベ

著: 第616特別情報大隊  イラスト: 巖本英利 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

女王陛下の異世界戦略 1 あらすじ・内容

とあるストラテジーゲームで悪の陣営「アラクネア」を好み使用していた主人公。ある日、自分がゲームの中にそっくりな異世界にいることに気付く。ゲームとはやや異なる部分があるが、プレイ内容通り主人公はアラクネアを率いる立場にいた。配下の蟲たちは主人公を女王と称え「我らに勝利を」と冀求する。やがて主人公は熱に浮かされたように蹂躙虐殺を経て隣国に攻め入る。それこそ現実世界でゲームをプレイしていたように――。

この作品を共有

「女王陛下の異世界戦略(レジェンドノベルス)」最新刊

西の雄、マルーク王国を瞬く間に殲滅、占拠したアラクネア。これを率いる女王・グレビレアは、諸国殲滅の近道のためシュトラウト公国に狙いを定める。精鋭を引き連れ、海路から首都シュトラウト公国に侵入するグレビレアたち。彼女らは国の特徴、地形の把握などをこと細かに探るため、意図的に「冒険者ギルド」に登録をする。日々、グリフォンやマンティコアなどの強獣を倒しながら、シュトラウト公国の首を掻き切る爪を研ぐ――。

「女王陛下の異世界戦略(レジェンドノベルス)」作品一覧

(2冊)

各1,166(税込)

まとめてカート

とあるストラテジーゲームで悪の陣営「アラクネア」を好み使用していた主人公。ある日、自分がゲームの中にそっくりな異世界にいることに気付く。ゲームとはやや異なる部分があるが、プレイ内容通り主人公はアラクネアを率いる立場にいた。配下の蟲たちは主人公を女王と称え「我らに勝利を」と冀求する。やがて主人公は熱に浮かされたように蹂躙虐殺を経て隣国に攻め入る。それこそ現実世界でゲームをプレイしていたように――。

西の雄、マルーク王国を瞬く間に殲滅、占拠したアラクネア。これを率いる女王・グレビレアは、諸国殲滅の近道のためシュトラウト公国に狙いを定める。精鋭を引き連れ、海路から首都シュトラウト公国に侵入するグレビレアたち。彼女らは国の特徴、地形の把握などをこと細かに探るため、意図的に「冒険者ギルド」に登録をする。日々、グリフォンやマンティコアなどの強獣を倒しながら、シュトラウト公国の首を掻き切る爪を研ぐ――。

「女王陛下の異世界戦略(レジェンドノベルス)」のおすすめコメント

女王陛下の異世界戦略 1 まおる(BOOK☆WALKER スタッフ) 登録日:2018/10/05

ダークで残酷すぎる異世界ファンタジー

主人公の女子大生は、ある日突然、昔やっていたリアルタイム・ストラテジーゲームにそっくりな異世界に転生しました。 目覚めた先は、ゲーム内でも彼女が気に入っていた、悪の属性に属する「アラクネア」という蟲たちの陣営内で、その蟲たちに「我らに勝利を。女王様万歳」と祀られたことで、主人公はアラクネアの女王陛下として彼らを率いることになります。 そして、アラクネア陣営とエルフや人間などといった別種族との残虐な戦端の幕が切って落とされるのでした。 アラクネアが別種族たちと戦う場面では、容赦なく殺戮し捕食し、過酷ながらも配下の蟲たちを戦略的に利用して別種族の国々を蹂躙していく女王陛下の姿には感動せずにはいられません。 アラクネアが女王陛下に求めている「勝利」とは一体何のことなのだろうか。そしてその「勝利」を掴んだ時、女王陛下は元の世界に戻ることができるのだろうか。このダークで残酷すぎる異世界ファンタジーに飛び込んでみてはいかがでしょうか。

「女王陛下の異世界戦略(レジェンドノベルス)」の作品情報

レーベル
レジェンドノベルス
出版社
講談社
ジャンル
ライトノベル 試し読み増量中 異世界系作品
ページ数
289ページ (女王陛下の異世界戦略 1)
配信開始日
2018年10月5日 (女王陛下の異世界戦略 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad