電子書籍 「私が笑ったら、死にますから」と、水品さんは言ったんだ。 文芸・小説

著: 隙名こと  イラスト: 爽々 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

27ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「私が笑ったら、死にますから」と、水品さんは言ったんだ。 あらすじ・内容

クラスでも目立たず友達のいない男子高校生・駒田に、となりの席のクールな美少女、水品さんが、ひそかに声をかけてきた。「15分で1万円のバイトに興味はありませんか?」水品さんが決して笑わない理由と、怪しい仕事の真の目的は……? 傷ついた過去やトラウマを持つ二人が出会い、ある仕事を経て次第に立ち直っていく。ミステリ-タッチの優しい青春ストーリー。第7回ポプラ社小説新人賞<特別賞>受賞作!

この作品を共有

「「私が笑ったら、死にますから」と、水品さんは言ったんだ。」最新刊

クラスでも目立たず友達のいない男子高校生・駒田に、となりの席のクールな美少女、水品さんが、ひそかに声をかけてきた。「15分で1万円のバイトに興味はありませんか?」水品さんが決して笑わない理由と、怪しい仕事の真の目的は……? 傷ついた過去やトラウマを持つ二人が出会い、ある仕事を経て次第に立ち直っていく。ミステリ-タッチの優しい青春ストーリー。第7回ポプラ社小説新人賞<特別賞>受賞作!

「「私が笑ったら、死にますから」と、水品さんは言ったんだ。」の作品情報

レーベル
ポプラ文庫ピュアフル
出版社
ポプラ社
ジャンル
文芸・小説 恋愛 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
279ページ (「私が笑ったら、死にますから」と、水品さんは言ったんだ。)
配信開始日
2018年10月5日 (「私が笑ったら、死にますから」と、水品さんは言ったんだ。)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad