電子書籍 シュガー マンガ

完結
著: 新井英樹 

まずは、無料で試し読み

試し読み

21ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

シュガー 1 あらすじ・内容

石川凛、16歳。
とびきりイキのいい人気者でヤンチャ者。
北海道の小さな町で、母と祖父母に育てられた。

そして今、高校を中退し旅立ちの時を迎えつつある。
先のことなんて考えちゃいない。
話の流れでなんとなく東京に出ることにした。

得意といえば、ダンス。
運動神経もかなりいい。
何考えてるかわからん、ともよく言われる。

今はまだ自分が何者になるかも知らないでいる凛。
将来はボクシングの歴史にその名を残すことになるとは露ほども――。


▼目次

第1発 「初めまして!」
第2発 「ま、いんでないかい」
第3発 「欣二さんです」
第4発 「スローハンドと呼ばれたそうっス」
第5発 「発射後、汚れなき頃の話でもひとつ」
第6発 「特訓“レイラの穴”……ゆるくねー」
第7発 「ちょっと いいかも」

  • シェア:
  

「シュガー」最新刊

デビュー戦でまさかの1RKO負けで早々と初戦黒星となった石川リン。プロや専門家からもその将来を嘱望され、何より本人が俄然その気だっただけに失意は大きかった。天才かつ変人のジム会長、中尾とのやりとりで復帰を目指すことにはなったものの、意識を飛ばした負け方はリンの将来に暗雲をたちこめさせている。復帰戦の、そしてボクサーとしてのリンの行方は!?

「シュガー」作品一覧

(8冊)

各440(税込)

まとめてカート

石川凛、16歳。
とびきりイキのいい人気者でヤンチャ者。
北海道の小さな町で、母と祖父母に育てられた。

そして今、高校を中退し旅立ちの時を迎えつつある。
先のことなんて考えちゃいない。
話の流れでなんとなく東京に出ることにした。

得意といえば、ダンス。
運動神経もかなりいい。
何考えてるかわからん、ともよく言われる。

今はまだ自分が何者になるかも知らないでいる凛。
将来はボクシングの歴史にその名を残すことになるとは露ほども――。


▼目次

第1発 「初めまして!」
第2発 「ま、いんでないかい」
第3発 「欣二さんです」
第4発 「スローハンドと呼ばれたそうっス」
第5発 「発射後、汚れなき頃の話でもひとつ」
第6発 「特訓“レイラの穴”……ゆるくねー」
第7発 「ちょっと いいかも」

凛が上京の途中に寄り道して会いに行ったのは故郷の先輩・「火の玉」欣二。その心意気とタフネスとで凛に尊敬されていた欣二が言い出したのは、あらためて殴り合いでどちらが上かを決めようということだった。「やりたくない」と言いつつも、欣二の情婦でボクシングの経験者、オカマのレイラにボクシングの魅力を教えられた凛は、すぐにその圧倒的才能を見せつけることになる――。

文無しになりながらも、幼なじみの千代に借金をしてどうにか東京にたどりついた石川凛。偶然にも住み込み先の寮の近くにボクシングジムを見つけた凛は、入り口近くで泥酔する男と遭遇。それが元世界王者にして天才テクニシャンと呼ばれた中尾重光のジムだった。ジムに上がりこんだ凛は、そこで新人王を有望視されるひとりのプロボクサーを挑発して、リングにあげることに成功。深夜のスパーリングには意外な結末が――。

「シュガー」の作品情報

レーベル
――
出版社
CoMax
ジャンル
マンガ 完結 男性向け 青年マンガ スポーツ バトル・格闘・アクション
ページ数
211ページ (シュガー 1)
配信開始日
2016年2月9日 (シュガー 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad