電子書籍 天の血脈 マンガ

完結
著: 安彦良和 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

31ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

天の血脈(1) あらすじ・内容

時は1903年。日露戦争開戦の半年前、朝鮮半島に近い満洲の地に日本からの学術調査隊がいた。彼らの目的は「好太王碑」。古代朝鮮半島の歴史、日朝関係を記したとされるこの碑文の研究のため、嬉田(うれしだ)教授率いるこの調査隊に参加していたのが、本編の主人公、一高の学生・安積亮(あずみ・りょう)である。まだ何者でもない自分に悩む安積が研究自体に疑問を持っていたところ、調査隊は馬賊による襲撃を受けた! 果たして彼らの運命は――!?

この作品を共有

「天の血脈」最新刊

明治三十六年、満洲へ「好太王碑」調査に訪れた安積亮。日露戦争が始まり社会が揺れる中、安積は四世紀末に神功皇后は朝鮮に渡っていたという夢を見る。日露戦争終結後に日本政府が朝鮮支配へと乗りだす中、安積は再び満洲で発掘調査をする。そこで古代日本と朝鮮の王家が繋がっていた証拠となる「七支刀」を発見した! 発見を表に出したくない追っ手から逃れて、安積は日本へ戻れるのか!? 安彦良和歴史ロマン、ここに完結!

「天の血脈」作品一覧

(8冊)

各660(税込)

まとめてカート

時は1903年。日露戦争開戦の半年前、朝鮮半島に近い満洲の地に日本からの学術調査隊がいた。彼らの目的は「好太王碑」。古代朝鮮半島の歴史、日朝関係を記したとされるこの碑文の研究のため、嬉田(うれしだ)教授率いるこの調査隊に参加していたのが、本編の主人公、一高の学生・安積亮(あずみ・りょう)である。まだ何者でもない自分に悩む安積が研究自体に疑問を持っていたところ、調査隊は馬賊による襲撃を受けた! 果たして彼らの運命は――!?

時は1903年、日露戦争開戦の半年前。古代朝鮮半島の歴史、日朝関係を記したとされる「好太王碑」の調査隊に、一高の学生・安積亮(あずみ・りょう)は参加していた。突然、調査隊は馬賊による襲撃を受けロシア兵に捕らわれたが、内田良平(うちだ・りょうへい)の手により脱出に成功。そのころ安積は夢を見る。神功(じんぐう)皇后の時代、自らの祖先の夢――。一方で安積は、満洲の地でハナという女性と出会い心通わせた。だが内田の策略により、ハナはさらわれてしまった――。

時は1904年、日露開戦の年。満洲から戻った安積亮(あずみ・りょう)が見たのは、戦勝祈願に沸く民衆のかたわら、非戦論を唱える内村鑑三(うちむら・かんぞう)と、その側に居た大杉栄(おおすぎ・さかえ)だった――。そして、安積が幼なじみの森谷翠(もりや・みどり)と祝言をあげる間にも、歴史は動いてゆく! 舞台は日露戦争の直中へ! 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の安彦良和が描く歴史ロマン!!

「天の血脈」の作品情報

レーベル
アフタヌーン
出版社
講談社
ジャンル
マンガ 男性向け 完結 青年マンガ 時代劇マンガ 歴史 アフタヌーン
ページ数
205ページ (天の血脈(1))
配信開始日
2014年7月23日 (天の血脈(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad