電子書籍 「隣の席の佐藤さん」シリーズ(一二三文庫) 文芸・小説

著者: 森崎緩  イラスト: げみ 
みんなの★
4.8

まずは、無料で試し読み

試し読み

29ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

隣の席の佐藤さん(一二三文庫) あらすじ・内容

実写PVがYouTubeにて公開中の第6回ネット小説大賞受賞作!コミカライズも決定!!

地味で、とろくて、気が利かなくて。おまけに大して美人でもないクラスメイトの佐藤さん。なのに隣の席になった途端、気になり始めたのはなぜだろう。ひねくれもの男子が、隣の席の地味な女の子に惹かれていく話。

  • シェア:

「「隣の席の佐藤さん」シリーズ(一二三文庫)」最新刊

高校最後の1年も折り返し。文化祭のクラス演劇で、笑いもの必至の役になった山口くんは憂鬱な日々を過ごしていた。しかし、練習が始まると繰り返し同じセリフを失敗する佐藤さんが笑いの的になってしまい――。甘酸っぱくてちょっと切ない、山口くんと佐藤さんの日常を描いた青春ストーリー! 最後の文化祭から高校卒業までを描いた「最後の秋の佐藤さん」、卒業して新たな生活を送る二人を描いた「卒業後の話」にくわえ、新たに書き下ろした短編を収録。

「「隣の席の佐藤さん」シリーズ(一二三文庫)」作品一覧

(2冊)

715〜792(税込)

まとめてカート

地味で、とろくて、気が利かなくて。おまけに大して美人でもないクラスメイトの佐藤さん。なのに隣の席になった途端、気になり始めたのはなぜだろう。ひねくれもの男子が、隣の席の地味な女の子に惹かれていく話。

高校最後の1年も折り返し。文化祭のクラス演劇で、笑いもの必至の役になった山口くんは憂鬱な日々を過ごしていた。しかし、練習が始まると繰り返し同じセリフを失敗する佐藤さんが笑いの的になってしまい――。甘酸っぱくてちょっと切ない、山口くんと佐藤さんの日常を描いた青春ストーリー! 最後の文化祭から高校卒業までを描いた「最後の秋の佐藤さん」、卒業して新たな生活を送る二人を描いた「卒業後の話」にくわえ、新たに書き下ろした短編を収録。

「「隣の席の佐藤さん」シリーズ(一二三文庫)」の作品情報

レーベル
一二三文庫
出版社
一二三書房
ジャンル
文芸・小説
ページ数
298ページ (隣の席の佐藤さん(一二三文庫) )
配信開始日
2018年12月5日 (隣の席の佐藤さん(一二三文庫) )
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad