電子書籍 催眠学園(ぷちぱらe文庫) ラノベ

原作: 筆柿そふと  著: 布施はるか  他
みんなの★
4.0

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

催眠学園 三者面談 あらすじ・内容

三流大学生の初山啓太は、毎夜のゴミ捨て場巡りを楽しむような変態のクズ男である。
その日課で偶然入手した〈催眠導入銃〉を使い、名門女学園の教育実習生となった初山は、3年生の琴美と綾香、2年生の千夏とほのか、そして1年生のアイリと灯に次々と催眠を仕掛け、あるときは意識を奪い、あるときは意識のある状態で身体の自由を奪い、またあるときは価値観を歪ませては処女を奪っていった。
その毒牙は生徒のみならず、英語教師の雪乃や養護教諭のかおる、理事長の孫娘である陽子などにも及んだのだ。
陽子を理事長の座に就け、陰から操ることで学園支配を盤石のものとした初山は、生徒たちの親を次の狙いに定めた。
三者面談と称して呼び出された美しい母親たちは、娘同様に初山の前ではしたない姿を晒し、身体を差し出していくのだった…!

この作品を共有

「催眠学園(ぷちぱらe文庫)」最新刊

三流大学生の初山啓太は、毎夜のゴミ捨て場巡りを楽しむような変態のクズ男である。
その日課で偶然入手した〈催眠導入銃〉を使い名門女学園の教育実習生となった初山は、学生たちや教師、そして学生の母親をも催眠に落とし、支配することに成功した。
そしてこの日。
学園でも最大級のイベントである《砥峰祭》において、初山は淫靡で愉快な企画を連発した。
文化祭ではソープ模擬店、体育祭では露出しながらの競技…。
初山ひとりを客とし、初山の目を楽しませるためだけにおこなわれる美女学園の宴から、もう目が放せない!

「催眠学園(ぷちぱらe文庫)」作品一覧

(2冊)

各407(税込)

まとめてカート

三流大学生の初山啓太は、毎夜のゴミ捨て場巡りを楽しむような変態のクズ男である。
その日課で偶然入手した〈催眠導入銃〉を使い、名門女学園の教育実習生となった初山は、3年生の琴美と綾香、2年生の千夏とほのか、そして1年生のアイリと灯に次々と催眠を仕掛け、あるときは意識を奪い、あるときは意識のある状態で身体の自由を奪い、またあるときは価値観を歪ませては処女を奪っていった。
その毒牙は生徒のみならず、英語教師の雪乃や養護教諭のかおる、理事長の孫娘である陽子などにも及んだのだ。
陽子を理事長の座に就け、陰から操ることで学園支配を盤石のものとした初山は、生徒たちの親を次の狙いに定めた。
三者面談と称して呼び出された美しい母親たちは、娘同様に初山の前ではしたない姿を晒し、身体を差し出していくのだった…!

三流大学生の初山啓太は、毎夜のゴミ捨て場巡りを楽しむような変態のクズ男である。
その日課で偶然入手した〈催眠導入銃〉を使い名門女学園の教育実習生となった初山は、学生たちや教師、そして学生の母親をも催眠に落とし、支配することに成功した。
そしてこの日。
学園でも最大級のイベントである《砥峰祭》において、初山は淫靡で愉快な企画を連発した。
文化祭ではソープ模擬店、体育祭では露出しながらの競技…。
初山ひとりを客とし、初山の目を楽しませるためだけにおこなわれる美女学園の宴から、もう目が放せない!

「催眠学園(ぷちぱらe文庫)」の作品情報

レーベル
ぷちぱらe文庫
出版社
パラダイム
ジャンル
ライトノベル 官能 官能小説
ページ数
186ページ (催眠学園 三者面談)
配信開始日
2018年11月30日 (催眠学園 三者面談)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad