電子書籍 八犬傳 文芸・小説

著者: 山田風太郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

60ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

八犬傳(上) あらすじ・内容

日本伝奇小説の最高傑作『南総里見八犬傳』と曲亭馬琴の執筆活動を、著者独自の構成で描き出す世紀の名作

時は文化十年、江戸飯田町中坂下にある家屋の二階に集い語らう二人の翁がいた――。城は既に落城寸前、時の城主里見義実は一縷の望みを愛犬・八房に託す。“恩を仇で返す不埒者。憎き仇・安西景連の首を取れっ。さすれば我娘・伏姫を嫁にやるぞ、八房。”この一言は昔の怨念を呼び起し、里見家の未来永劫に関わる重大な一言であった……。日本伝奇小説の最高傑作『南総里見八犬傳』と、それを綴った曲亭馬琴の知られざる執筆活動を、著者独自の構成で描き出す世紀の名作。

この作品を共有

「八犬傳」最新刊

物語を語る作家・曲亭馬琴、聞く画家・葛飾北斎。物語を書き初めてはや14年目、初秋の夕暮れのことであった――。遙か昔の怨念から里見家を救うため、世に現れた犬士8人。敵は関東管領扇谷定正。過去から未来へ、未来から過去へ。不思議な縁のもと、天命の糸で結ばれた八犬士が立ち上る! 悲運の姫君・伏姫のため、そして里見家再興のために……。28年の歳月をかけて綴った馬琴の最高傑作を、壮大な構想と緻密な構成で現代に蘇らせた不朽の名作。虚実一体、感動の大団円。

「八犬傳」作品一覧

(2冊)

540〜583(税込)

まとめてカート

時は文化十年、江戸飯田町中坂下にある家屋の二階に集い語らう二人の翁がいた――。城は既に落城寸前、時の城主里見義実は一縷の望みを愛犬・八房に託す。“恩を仇で返す不埒者。憎き仇・安西景連の首を取れっ。さすれば我娘・伏姫を嫁にやるぞ、八房。”この一言は昔の怨念を呼び起し、里見家の未来永劫に関わる重大な一言であった……。日本伝奇小説の最高傑作『南総里見八犬傳』と、それを綴った曲亭馬琴の知られざる執筆活動を、著者独自の構成で描き出す世紀の名作。

物語を語る作家・曲亭馬琴、聞く画家・葛飾北斎。物語を書き初めてはや14年目、初秋の夕暮れのことであった――。遙か昔の怨念から里見家を救うため、世に現れた犬士8人。敵は関東管領扇谷定正。過去から未来へ、未来から過去へ。不思議な縁のもと、天命の糸で結ばれた八犬士が立ち上る! 悲運の姫君・伏姫のため、そして里見家再興のために……。28年の歳月をかけて綴った馬琴の最高傑作を、壮大な構想と緻密な構成で現代に蘇らせた不朽の名作。虚実一体、感動の大団円。

「八犬傳」の作品情報

レーベル
角川文庫
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸・小説 日本文学 オカルト
ページ数
406ページ (八犬傳(上))
配信開始日
2014年8月25日 (八犬傳(上))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad