電子書籍 20分歴史シリーズ(黒熊文芸文庫) 文芸・小説

著者: アセアンそよかぜ  著者: MBビジネス研究班 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

島津の九州王国!鉄砲伝来が5年早ければ起きた島津の九州統一ともう一つの日本建国? あらすじ・内容

さっと読めるミニ書籍です(文章量15,000文字以上 20,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の30ページ程度)

【書籍説明】
歴史に「たられば」は、タブーとされています。
しかし実際にはいろんな「たられば」があり、多くの歴史家が空想を膨らませます。
例えば本能寺の変の後に、織田信長が生きていたら、幕末の坂本竜馬が暗殺されなかったら、という「たられば」を想像して展開を予想する本は、書店で結構出版されています。

この本もそういう「たられば」系をテーマにしました。
対象は、知る人ぞ知る、戦国時代に九州南部で大活躍した戦国大名・島津氏を取り上げています。
戦国時代の中後期に、島津氏の領地だった種子島に鉄砲が伝来しました。
当時の最新兵器は、当時の日本では大変重宝され、ここから日本の戦国時代の様相が変わりました。

もし鉄砲の伝来が5年早ければ?
という考察で執筆しました。
実はあとわずかで九州の統一直前まで行った島津氏が、もし本当に九州の統一を達成していたら、豊臣秀吉も容易に手が出せなかったといいます。
今回はそれよりも早く、本能寺の変の前に九州を統一したら?と考えました。
その場合九州に第二の日本として独立王国が建国された?
そして、琉球はおろか南の台湾、さらに南のフィリピンにまで進出したと予想してみました。

【目次】
1.史実における九州島津氏の動き
2.鉄砲伝来が5年早ければ九州王国・島津王朝?
3.九州にとどまらず台湾・ルソン島までも支配下に
4.九州・台湾王国があったら考えられる影響 その1
5.九州… 以上まえがきより抜粋

この作品を共有

「20分歴史シリーズ(黒熊文芸文庫)」最新刊

さっと読めるミニ書籍です(文章量15,000文字以上 20,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の30ページ程度)

【書籍説明】

幼いころに、疱瘡により右目を失明したと言われる奥州の覇者伊達政宗。
その政宗の右目にもし『とんでもない力』が宿っていたとしたら――?
世間を揺るがす出来事の影に『とんでもない力』が関わっていたとしたら――?
ファンタジー×歴史の、歴史if小説です。


【目次】
:プロローグ:
:巨木の下で:
:もう一人の龍使い:
:二人の龍使い:
:梵天丸と龍・其之一:
:梵天丸と龍・其之二:
:復活、梵天丸:
:エピローグ:


【著者紹介】
日南れん(ヒナレン)
電子書籍作家です。TL/ライトノベルなどを執筆。常時お仕事募集中です!
… 以上まえがきより抜粋

「20分歴史シリーズ(黒熊文芸文庫)」作品一覧

(3冊)

各219(税込)

まとめてカート

さっと読めるミニ書籍です(文章量15,000文字以上 20,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の30ページ程度)

【書籍説明】
歴史に「たられば」は、タブーとされています。
しかし実際にはいろんな「たられば」があり、多くの歴史家が空想を膨らませます。
例えば本能寺の変の後に、織田信長が生きていたら、幕末の坂本竜馬が暗殺されなかったら、という「たられば」を想像して展開を予想する本は、書店で結構出版されています。

この本もそういう「たられば」系をテーマにしました。
対象は、知る人ぞ知る、戦国時代に九州南部で大活躍した戦国大名・島津氏を取り上げています。
戦国時代の中後期に、島津氏の領地だった種子島に鉄砲が伝来しました。
当時の最新兵器は、当時の日本では大変重宝され、ここから日本の戦国時代の様相が変わりました。

もし鉄砲の伝来が5年早ければ?
という考察で執筆しました。
実はあとわずかで九州の統一直前まで行った島津氏が、もし本当に九州の統一を達成していたら、豊臣秀吉も容易に手が出せなかったといいます。
今回はそれよりも早く、本能寺の変の前に九州を統一したら?と考えました。
その場合九州に第二の日本として独立王国が建国された?
そして、琉球はおろか南の台湾、さらに南のフィリピンにまで進出したと予想してみました。

【目次】
1.史実における九州島津氏の動き
2.鉄砲伝来が5年早ければ九州王国・島津王朝?
3.九州にとどまらず台湾・ルソン島までも支配下に
4.九州・台湾王国があったら考えられる影響 その1
5.九州… 以上まえがきより抜粋

さっと読めるミニ書籍です(文章量15,000文字以上 20,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の30ページ程度)

【書籍説明】
人が死にゆくとき、どこからともなく一人の人物が姿を現す。
黄色の袍に白い袴、銀色の髪、肩には白い鸚鵡――彼の名は名木(なぎ)。
数百年にわたって人界を見守ってきた彼が、その死を見届けるためにやってきたのは早朝の本能寺。信長の死を静かに見守る予定だったのだが――。
本能寺の変を下敷きにした、歴史if小説です。


【目次】
:プロローグ:
:名木、見届ける:
:名木と信長:
:キンカンと信長:
:地下通路の攻防:
:親の願い:
:息子の願い:
:天王山:
:エピローグ:


【著者紹介】
日南れん(ヒナレン)
電子書籍作家。TL/ライトノベルなどを執筆。常時お仕事募集中です!

… 以上まえがきより抜粋

さっと読めるミニ書籍です(文章量15,000文字以上 20,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の30ページ程度)

【書籍説明】

幼いころに、疱瘡により右目を失明したと言われる奥州の覇者伊達政宗。
その政宗の右目にもし『とんでもない力』が宿っていたとしたら――?
世間を揺るがす出来事の影に『とんでもない力』が関わっていたとしたら――?
ファンタジー×歴史の、歴史if小説です。


【目次】
:プロローグ:
:巨木の下で:
:もう一人の龍使い:
:二人の龍使い:
:梵天丸と龍・其之一:
:梵天丸と龍・其之二:
:復活、梵天丸:
:エピローグ:


【著者紹介】
日南れん(ヒナレン)
電子書籍作家です。TL/ライトノベルなどを執筆。常時お仕事募集中です!
… 以上まえがきより抜粋

「20分歴史シリーズ(黒熊文芸文庫)」の作品情報

レーベル
黒熊文芸文庫
出版社
まんがびと
ジャンル
文芸・小説 時代小説 歴史
ページ数
81ページ (島津の九州王国!鉄砲伝来が5年早ければ起きた島津の九州統一ともう一つの日本建国?)
配信開始日
2019年3月12日 (島津の九州王国!鉄砲伝来が5年早ければ起きた島津の九州統一ともう一つの日本建国?)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad