電子書籍 キリングバイツ マンガ

原作: 村田真哉  作画: 隅田かずあさ 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

28ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

キリングバイツ(1) あらすじ・内容

冴えない青年・野本は、謎の少女・瞳と出会い、とある廃棄場へと連れてこられる。
行き場のないモノが集められたそこでは、人の頭脳と獣の力を併せ持つ「獣人」達による、凄惨な賭け試合が行われていた――。
ぶつかり合う牙と牙、剥き出された野性、渦巻く欲望と狂気。
その戦いの名は「牙闘(キリングバイツ)」――!!

この作品を共有
  

「キリングバイツ」最新刊

初めての友達である純を守るため、立ち上がる和。
管理局が密かに監視する、その秘められし“実力”とは?
さらに野本を追うヒトミは、予選会場に乱入し…!?
多くの思惑が交錯し、「獣獄祭(デスティバル)」は
巨大なうねりを見せ始める!!

「キリングバイツ」作品一覧

(11冊)

各560円 (+税)

まとめてカート

冴えない青年・野本は、謎の少女・瞳と出会い、とある廃棄場へと連れてこられる。
行き場のないモノが集められたそこでは、人の頭脳と獣の力を併せ持つ「獣人」達による、凄惨な賭け試合が行われていた――。
ぶつかり合う牙と牙、剥き出された野性、渦巻く欲望と狂気。
その戦いの名は「牙闘(キリングバイツ)」――!!

四大財閥が精鋭の獣人を投じて行う「獣獄刹(デストロイヤル)」に石田財閥の代表として参加する事になったヒトミと野本。様々な思惑と殺意がヒトミに向けて注がれる中、いよいよサバイバルマッチの幕が切って落とされる!!

ヒトミの勝利を機に、各地で激戦が始まる「獣獄刹(デストロイヤル)」。
角供財閥の策略が二重三重と張り巡らされる中、その罠に墜ちる八菱財閥の「虎」と「狩猟豹」――。
爬虫類の異能を持つ角供の獣闘士に対し、ヒトミが打つ手は…!?

「キリングバイツ」の作品情報

レーベル
ヒーローズコミックス
出版社
ヒーローズ
ジャンル
マンガ 男性向け 青年マンガ バトル・格闘・アクション 月刊ヒーローズ
ページ数
212ページ (キリングバイツ(1))
配信開始日
2014年9月5日 (キリングバイツ(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad