電子書籍 安吾巷談 文芸

無料あり
著者: 坂口安吾 

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

安吾巷談 麻薬・自殺・宗教 あらすじ・内容

[作品について]戦後間もない時期の世相を活写した、ルポルタージュ。1950(昭和25)年1月号から12月号にかけて、「文藝春秋」に連載された。前年2月から4月にかけて、作者は、睡眠薬(アドルム)中毒の治療のため、東大病院精神科に入院したが、この作品も、織田作之助や田中英光が深くはまり込んだ、戦後の薬物濫用事情から始まる。コミンフォルム批判。競輪。焼け跡のマーケット。熱海大火。ストリップ…。連載中の、6月25日、朝鮮戦争が始まった。翌1951(昭和26)年、「安吾巷談」は文藝春秋読者賞を受賞。(雷太)  「01 麻薬・自殺・宗教」  「02 天光光女史の場合」  「03 野坂中尉と中西伍長」  「04 今日われ競輪す」  「05 湯の町エレジー」  「06 東京ジャングル探検」  「07 熱海復興」  「08 ストリップ罵倒」  「09 田園ハレム」  「10 世界新記録病」  「11 教祖展覧会」  「12 巷談師退場」[初出]「文藝春秋 第二八巻第一号」1950(昭和25)年1月1日[文字遣い種別]新字新仮名

この作品を共有

「安吾巷談」最新巻

[作品について]戦後間もない時期の世相を活写した、ルポルタージュ。1950(昭和25)年1月号から12月号にかけて、「文藝春秋」に連載された。前年2月から4月にかけて、作者は、睡眠薬(アドルム)中毒の治療のため、東大病院精神科に入院したが、この作品も、織田作之助や田中英光が深くはまり込んだ、戦後の薬物濫用事情から始まる。コミンフォルム批判。競輪。焼け跡のマーケット。熱海大火。ストリップ…。連載中の、6月25日、朝鮮戦争が始まった。翌1951(昭和26)年、「安吾巷談」は文藝春秋読者賞を受賞。(雷太)  「01 麻薬・自殺・宗教」  「02 天光光女史の場合」  「03 野坂中尉と中西伍長」  「04 今日われ競輪す」  「05 湯の町エレジー」  「06 東京ジャングル探検」  「07 熱海復興」  「08 ストリップ罵倒」  「09 田園ハレム」  「10 世界新記録病」  「11 教祖展覧会」  「12 巷談師退場」[初出]「文藝春秋 第二八巻第一二号」1950(昭和25)年9月1日[文字遣い種別]新字新仮名

「安吾巷談」作品一覧

(12冊)

各0円 (+税)

まとめてカート

[作品について]戦後間もない時期の世相を活写した、ルポルタージュ。1950(昭和25)年1月号から12月号にかけて、「文藝春秋」に連載された。前年2月から4月にかけて、作者は、睡眠薬(アドルム)中毒の治療のため、東大病院精神科に入院したが、この作品も、織田作之助や田中英光が深くはまり込んだ、戦後の薬物濫用事情から始まる。コミンフォルム批判。競輪。焼け跡のマーケット。熱海大火。ストリップ…。連載中の、6月25日、朝鮮戦争が始まった。翌1951(昭和26)年、「安吾巷談」は文藝春秋読者賞を受賞。(雷太)  「01 麻薬・自殺・宗教」  「02 天光光女史の場合」  「03 野坂中尉と中西伍長」  「04 今日われ競輪す」  「05 湯の町エレジー」  「06 東京ジャングル探検」  「07 熱海復興」  「08 ストリップ罵倒」  「09 田園ハレム」  「10 世界新記録病」  「11 教祖展覧会」  「12 巷談師退場」[初出]「文藝春秋 第二八巻第一号」1950(昭和25)年1月1日[文字遣い種別]新字新仮名

[作品について]戦後間もない時期の世相を活写した、ルポルタージュ。1950(昭和25)年1月号から12月号にかけて、「文藝春秋」に連載された。前年2月から4月にかけて、作者は、睡眠薬(アドルム)中毒の治療のため、東大病院精神科に入院したが、この作品も、織田作之助や田中英光が深くはまり込んだ、戦後の薬物濫用事情から始まる。コミンフォルム批判。競輪。焼け跡のマーケット。熱海大火。ストリップ…。連載中の、6月25日、朝鮮戦争が始まった。翌1951(昭和26)年、「安吾巷談」は文藝春秋読者賞を受賞。(雷太)  「01 麻薬・自殺・宗教」  「02 天光光女史の場合」  「03 野坂中尉と中西伍長」  「04 今日われ競輪す」  「05 湯の町エレジー」  「06 東京ジャングル探検」  「07 熱海復興」  「08 ストリップ罵倒」  「09 田園ハレム」  「10 世界新記録病」  「11 教祖展覧会」  「12 巷談師退場」[初出]「文藝春秋 第二八巻第二号」1950(昭和25)年2月1日[文字遣い種別]新字新仮名

[作品について]戦後間もない時期の世相を活写した、ルポルタージュ。1950(昭和25)年1月号から12月号にかけて、「文藝春秋」に連載された。前年2月から4月にかけて、作者は、睡眠薬(アドルム)中毒の治療のため、東大病院精神科に入院したが、この作品も、織田作之助や田中英光が深くはまり込んだ、戦後の薬物濫用事情から始まる。コミンフォルム批判。競輪。焼け跡のマーケット。熱海大火。ストリップ…。連載中の、6月25日、朝鮮戦争が始まった。翌1951(昭和26)年、「安吾巷談」は文藝春秋読者賞を受賞。(雷太)  「01 麻薬・自殺・宗教」  「02 天光光女史の場合」  「03 野坂中尉と中西伍長」  「04 今日われ競輪す」  「05 湯の町エレジー」  「06 東京ジャングル探検」  「07 熱海復興」  「08 ストリップ罵倒」  「09 田園ハレム」  「10 世界新記録病」  「11 教祖展覧会」  「12 巷談師退場」[初出]「文藝春秋 第二八巻第三号」1950(昭和25)年3月1日[文字遣い種別]新字新仮名

「安吾巷談」の作品情報

レーベル
青空文庫
出版社
青空文庫
ジャンル
文芸
ページ数
22ページ (安吾巷談 麻薬・自殺・宗教)
配信開始日
2014年1月22日 (安吾巷談 麻薬・自殺・宗教)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad