電子書籍 さよならハルメギド マンガ

完結
著: きづきあきら  著: サトウナンキ 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ☆

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

さよならハルメギド(1) あらすじ・内容

時は一九八九年。主人公・将太は母子寮で母と暮らす小学三年生。両親の離婚は自分のせいと思い込む将太は、二人に元の関係に戻って欲しいと願っていた。そんな時ある青年が母の前に現れて…。人気作『うそつきパラドクス』の著者が贈る、【大人の事情】と【子供の日常】が時に優しく、時に無慈悲に交錯する終末家族ドラマ。

この作品を共有
  

「さよならハルメギド」最新刊

父親による子供への虐待を理由に離婚した母親と、母子寮で暮らす小学校三年生・将太。復縁を願う父親だったが、母親の大学の友人・優馬が現れると、次第に焦りを覚え始める。自分の居場所が完全になくなってしまうことを恐れる父親は、やがて凶行に及んで…!? 【大人の事情】と【子供の日常】が交錯する終末家族ドラマ、完結巻。将太が見た一九九九年の終末とは――?

「さよならハルメギド」作品一覧

(3冊)

各500円 (+税)

まとめてカート

時は一九八九年。主人公・将太は母子寮で母と暮らす小学三年生。両親の離婚は自分のせいと思い込む将太は、二人に元の関係に戻って欲しいと願っていた。そんな時ある青年が母の前に現れて…。人気作『うそつきパラドクス』の著者が贈る、【大人の事情】と【子供の日常】が時に優しく、時に無慈悲に交錯する終末家族ドラマ。

父親による子供への虐待を理由に離婚した母親と、母子寮で暮らす小学校三年生・将太。それでも父親が大好きな将太は、母親に近付いてきた青年・優馬が「家族」という自分にとっての小さな世界を完全に壊すのではと恐れていた。似た境遇の女の子たちとのふれあいの中で将太は、抗えない現実をも感じ、目の前の出来事を受け入れようとしていく。だが破滅の予兆は違った形で訪れようとしていた…。

父親による子供への虐待を理由に離婚した母親と、母子寮で暮らす小学校三年生・将太。復縁を願う父親だったが、母親の大学の友人・優馬が現れると、次第に焦りを覚え始める。自分の居場所が完全になくなってしまうことを恐れる父親は、やがて凶行に及んで…!? 【大人の事情】と【子供の日常】が交錯する終末家族ドラマ、完結巻。将太が見た一九九九年の終末とは――?

「さよならハルメギド」のおすすめコメント

さよならハルメギド(1) コミタンM(BOOK☆WALKER スタッフ) 登録日:2015/10/21

きづきあきら作品の真骨頂

1989年。母子寮で母と2人暮らしをする将太は、10年後の世界の終末に思いをはせる、ごく普通の小学生だ。 同じ母子寮に住み、兄の名前を名乗って、男の子のようにふるまう少女“ななこ”。転校してきたクラスメートで、親に抑圧されているお嬢様“白田”。 同じように欠落した家庭に育った3人は、一緒に遊びながら心を通わせていき、やがて… 子どもたちの小さな社会と、それを取り巻く大人たちの社会が、併存しながら互いに干渉していき、そして歪みを生みつつ、次第に破滅へと突き進んでいく。 この救いようのないリアルな焦燥感と、甘美な生々しさ。これこそがまさにきづきあきら作品の真骨頂。 闇の深さが気持ちよすぎて、読みながら何度エクスタシーに達したかわかりません。

「さよならハルメギド」の作品情報

レーベル
アクションコミックス
出版社
双葉社
ジャンル
マンガ 男性向け 完結 青年マンガ
ページ数
176ページ (さよならハルメギド(1))
配信開始日
2014年9月17日 (さよならハルメギド(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad