電子書籍 <雨の音洲>秘聞(集英社コバルト文庫) ラノベ

著者: 響野夏菜  イラストレータ: 沖麻実也 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

<雨の音洲>秘聞 闇燈籠心中 桜の章 あらすじ・内容

帝につながる名家、鴉家に生まれた吹雪王と桜姫は、父母を同じくする兄妹でありながら密かに愛し合っていた。それは当然のことながら禁忌とされていた。桜姫はやがて東宮妃として入内、吹雪王は出家する。二人の運命はこのときから妨げられ、鴉家の運命も変わっていく。入内後も東宮を拒みつづける桜姫の周辺には、たびたび不審な鬼が出没し、ついにある夜、東宮御所は炎に包まれた……。※あとがきは収録されていません。

この作品を共有

「<雨の音洲>秘聞(集英社コバルト文庫)」最新刊

追い詰められた末に、川へと身を投げ心中を図った吹雪王と桜姫。だが、ふたりに穏やかな死が訪れることはなかった。吹雪王は一命をとりとめ、隼王の手で再び都へと連れ戻される。そこでは兄・嵐王の企む陰謀の道具として生きるというみじめな日々が待っていた。一方、桜姫は臾螺と洒弭螺の前でめざめたものの、彼らの残酷な言葉にうちのめされる。「――姫。あなたは鬼になられたのだ……」※あとがきは収録されていません。

「<雨の音洲>秘聞(集英社コバルト文庫)」作品一覧

(3冊)

各495(税込)

まとめてカート

帝につながる名家、鴉家に生まれた吹雪王と桜姫は、父母を同じくする兄妹でありながら密かに愛し合っていた。それは当然のことながら禁忌とされていた。桜姫はやがて東宮妃として入内、吹雪王は出家する。二人の運命はこのときから妨げられ、鴉家の運命も変わっていく。入内後も東宮を拒みつづける桜姫の周辺には、たびたび不審な鬼が出没し、ついにある夜、東宮御所は炎に包まれた……。※あとがきは収録されていません。

東宮妃である桜姫と兄の吹雪王は、許されぬ恋のためにある夜、御所に火を放ち、姿を消した。同じ頃、二人の生家・鴉家でも思いもかけない謀がささやかれていた。母・常磐の振る舞いは、帝をも巻き込んで、名門鴉家の土台を揺るがすことに……。一方、追っ手をかわしつつ東へと逃げる二人の前には、桜姫の<笛鳴り>と吹雪王の<御児方>の力をもってしても、いつしか暗い影がさしはじめた。※あとがきは収録されていません。

追い詰められた末に、川へと身を投げ心中を図った吹雪王と桜姫。だが、ふたりに穏やかな死が訪れることはなかった。吹雪王は一命をとりとめ、隼王の手で再び都へと連れ戻される。そこでは兄・嵐王の企む陰謀の道具として生きるというみじめな日々が待っていた。一方、桜姫は臾螺と洒弭螺の前でめざめたものの、彼らの残酷な言葉にうちのめされる。「――姫。あなたは鬼になられたのだ……」※あとがきは収録されていません。

「<雨の音洲>秘聞(集英社コバルト文庫)」の作品情報

レーベル
集英社コバルト文庫
出版社
集英社
ジャンル
ライトノベル 女性向け 恋愛 ファンタジー
ページ数
269ページ (<雨の音洲>秘聞 闇燈籠心中 桜の章)
配信開始日
2019年4月19日 (<雨の音洲>秘聞 闇燈籠心中 桜の章)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad