電子書籍 Monday 文芸・小説

著者: 星羅にな  イラスト: 綺月るり 
みんなの★
5.0

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

会社に行きたい月曜日 -Monday- あらすじ・内容

《新しい春、始まるのは仕事だけだと思っていた。》

春からイベント会社に入社した一色冬歌。
入社前に他の先輩たちから散々「怖い」と評判を聞かされていた直属の先輩、三崎舞夏に、緊張しながらはじめての挨拶をした。
楽しそうに自己紹介を聞いているなと思っていたら、三秒後には出社初日からふたりきりで現場に駆り出されてしまい……?

配属先のかっこいい先輩に一生懸命ついてまわる後輩と、新しくできた後輩を溺愛する先輩が、ただの先輩と後輩ではなくなるまでの、最初のお話。

ふたりがなれるのはいいコンビか、いい友だちか、それとも……?
憂鬱はなずの月曜日も(たぶん)ハッピーになる、小説『Monday』シリーズ第1弾。


《会社に行きたい月曜日》
1. Simple Confusion『シンプルな困惑』
2. My Fuzzy Wish『フラットな願望』
3. Miracle in the Rain『雨の観覧車』
4. Someone You Admire『わたしの先輩』
5. Someone You Care『私の後輩』
6. Well Rewarded『二年目のごほうび』
7. Can't Rewrite Now『リライトする感情』


文:星羅にな
絵:綺月るり

  • シェア:

「Monday」最新刊

朝八時。イベント会社で働く三崎舞夏は、出張のために来ていた東京駅の人混みの中に同僚・一色冬歌の顔を見つける。
会いたいという感情には、なにか特殊な識別能力があるのだとしか思えない。
パンとおにぎり。甘いカフェラテと、熱いカフェラテ。
いつものやりとりの中に、少しずつ増えていくふたりだけの約束。

本編では描かれていない、冬歌と舞夏が付き合うまで、そして付き合ってからの物語を6編収録しました。

憂鬱はなずの月曜日も(たぶん)ハッピーになる、小説『Monday』シリーズ番外編。


【いつもとちがう月曜日】

1. But First, Coffee『肩を貸す』
2. Don’t Know The First About It『誕生日を祝う』
3. My First Concern『初めての朝を過ごす』
4. First or Last『初めての朝をやり直す』
5. Be The First To Love『手をつなぐ』
6. First Thing I Know『見つめ合う』


文:星羅にな
絵:綺月るり

「Monday」作品一覧

(3冊)

各1,100(税込)

まとめてカート

春からイベント会社に入社した一色冬歌。
入社前に他の先輩たちから散々「怖い」と評判を聞かされていた直属の先輩、三崎舞夏に、緊張しながらはじめての挨拶をした。
楽しそうに自己紹介を聞いているなと思っていたら、三秒後には出社初日からふたりきりで現場に駆り出されてしまい……?

配属先のかっこいい先輩に一生懸命ついてまわる後輩と、新しくできた後輩を溺愛する先輩が、ただの先輩と後輩ではなくなるまでの、最初のお話。

ふたりがなれるのはいいコンビか、いい友だちか、それとも……?
憂鬱はなずの月曜日も(たぶん)ハッピーになる、小説『Monday』シリーズ第1弾。


《会社に行きたい月曜日》
1. Simple Confusion『シンプルな困惑』
2. My Fuzzy Wish『フラットな願望』
3. Miracle in the Rain『雨の観覧車』
4. Someone You Admire『わたしの先輩』
5. Someone You Care『私の後輩』
6. Well Rewarded『二年目のごほうび』
7. Can't Rewrite Now『リライトする感情』


文:星羅にな
絵:綺月るり

イベント会社に入社してから四年が経ち、もうそろそろ中堅を名乗ってもよいのかどうか、と最近よく考える一色冬歌。
配属された日からずっと後ろを追いかけていた先輩・三崎舞夏は今年からディレクターに昇進していた。
担当している仕事もほとんどチーフという立場で回すようになってきたここ数年、舞夏との接点はどんどん減っていく一方。だけど、いつまでも舞夏の後輩でいたい。

ともだちにはなれないかもしれないね、でもいいコンビにはなれるかも。
そう言い合った神戸出張の夜からは、立場も距離感も少しだけ変わったふたり。
このままずっと、仲良しの先輩後輩の関係ではいられないかもしれないーー。

憂鬱はなずの月曜日も(たぶん)ハッピーになる、小説『Monday』シリーズ第2弾。


《会社に行かない月曜日》
1.Just In The Middle『イコールな誘惑』
2.Perfect Mistake『パレートな展望』
3.Summer Morning Tune『夏に最適な朝』
4.Once In A Lifetime『雨のドライブ』
5.Vivid Modulation『五年目のねぎらい』
6.Something You Don’t Know『わたしと先輩』
7.Something You Already Know『私と後輩』
8.Rain or Shine『リピートする恋情』

朝八時。イベント会社で働く三崎舞夏は、出張のために来ていた東京駅の人混みの中に同僚・一色冬歌の顔を見つける。
会いたいという感情には、なにか特殊な識別能力があるのだとしか思えない。
パンとおにぎり。甘いカフェラテと、熱いカフェラテ。
いつものやりとりの中に、少しずつ増えていくふたりだけの約束。

本編では描かれていない、冬歌と舞夏が付き合うまで、そして付き合ってからの物語を6編収録しました。

憂鬱はなずの月曜日も(たぶん)ハッピーになる、小説『Monday』シリーズ番外編。


【いつもとちがう月曜日】

1. But First, Coffee『肩を貸す』
2. Don’t Know The First About It『誕生日を祝う』
3. My First Concern『初めての朝を過ごす』
4. First or Last『初めての朝をやり直す』
5. Be The First To Love『手をつなぐ』
6. First Thing I Know『見つめ合う』


文:星羅にな
絵:綺月るり

「Monday」の作品情報

レーベル
無責任会社サタデー
出版社
無責任会社サタデー
ジャンル
文芸・小説 百合 ダイレクト出版 同人誌・個人出版
ページ数
220ページ (会社に行きたい月曜日 -Monday-)
配信開始日
2019年4月21日 (会社に行きたい月曜日 -Monday-)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。