電子書籍 上野-会津 百五十年後の密約(文春e-book) 文芸・小説

著: 西村京太郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

上野-会津 百五十年後の密約 あらすじ・内容

「上野の西郷隆盛像を破壊せよ」という脅迫状が!
それは明治維新で苦渋を嘗めさせられた会津人の、150年の時をへだてた復讐なのか?

明治維新から数えて、百五十年を超え、歴史に対する認識が次々に見直される中、上野の西郷隆盛像を破壊せよ、という脅迫状が届いた。
犯行グループは、「歴史をただす者」と名乗る集団。

警備中に、東武鉄道への爆破予告が届き、十津川警部が「リバティ会津」で会津若松へ。
さらに犯人から、東京都と長州商事に対し、合計二十億円の要求が届いた。
これは会津人から、明治新政府の流れを継ぐ“政権”に対する復讐なのか。

明治新政府樹立後、百五十年の今だからこそ、あの「革命」の意味が問われる。
作家・西村京太郎の歴史観が、私たちの心に響く傑作ミステリー。

この作品を共有

「上野-会津 百五十年後の密約(文春e-book)」最新刊

「上野の西郷隆盛像を破壊せよ」という脅迫状が!
それは明治維新で苦渋を嘗めさせられた会津人の、150年の時をへだてた復讐なのか?

明治維新から数えて、百五十年を超え、歴史に対する認識が次々に見直される中、上野の西郷隆盛像を破壊せよ、という脅迫状が届いた。
犯行グループは、「歴史をただす者」と名乗る集団。

警備中に、東武鉄道への爆破予告が届き、十津川警部が「リバティ会津」で会津若松へ。
さらに犯人から、東京都と長州商事に対し、合計二十億円の要求が届いた。
これは会津人から、明治新政府の流れを継ぐ“政権”に対する復讐なのか。

明治新政府樹立後、百五十年の今だからこそ、あの「革命」の意味が問われる。
作家・西村京太郎の歴史観が、私たちの心に響く傑作ミステリー。

「上野-会津 百五十年後の密約(文春e-book)」の作品情報

レーベル
文春e-Books
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
241ページ (上野-会津 百五十年後の密約)
配信開始日
2019年4月19日 (上野-会津 百五十年後の密約)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad