電子書籍 BikeJIN/培倶人シリーズ 実用

編集: BikeJIN編集部 

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

BikeJIN/培倶人 2018年10月号 Vol.188 あらすじ・内容

ライダーの聖地 阿蘇

■巻頭・総力特集 「ライダーの聖地・阿蘇」
ライダーに大人気のツーリングエリア・阿蘇。
今号ではそんな阿蘇のツーリング情報をお届けします。
毎年恒例で行われる本誌の絶景道ランキング。
その上位を阿蘇のミルクロード、パノラマライン、やまなみハイウェイが占めており、
多くのライダーが阿蘇に行きたいと考えています。
阿蘇は本州からであれば距離があるため、「そもそも休みが取れない」「予算がない」など
といったネックもありますが、最近ではフェリーの充実、LCCやレンタルバイク店の普及になり、
さまざまな方法で阿蘇を楽しむことが可能になってきています。
このアクセス面での充実が九州ツーリングの人気を後押ししている要因のひとつだと思います。
また、阿蘇へのアクセスが復旧が順調に進んでいることもあり、環境も整いつつあります。
今号ではそんな阿蘇の魅力を総力をあげてご紹介します。

■別冊付録「アドベンチャーバイクBOOK」
いま、アドベンチャーバイクと呼ばれるカテゴリーが大人気です。
BMW・R1200GSを始めとした大型排気量車のほかに、
近年では小排気量車のアドベンチャーバイクのラインナップも充実してきました。
そこで、この別冊付録ではこのカテゴリーの新型バイクを一挙に紹介。
詳細なインプレションやツーリングでの使い勝手をご紹介します。
※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。
※デジタル版には、紙版の付録「阿蘇ラリー帳」は含まれません。

この作品を共有

「BikeJIN/培倶人シリーズ」最新刊

■巻頭・総力特集 「ライダーの聖地・阿蘇」
ライダーに大人気のツーリングエリア・阿蘇。
今号ではそんな阿蘇のツーリング情報をお届けします。
毎年恒例で行われる本誌の絶景道ランキング。
その上位を阿蘇のミルクロード、パノラマライン、やまなみハイウェイが占めており、
多くのライダーが阿蘇に行きたいと考えています。
阿蘇は本州からであれば距離があるため、「そもそも休みが取れない」「予算がない」など
といったネックもありますが、最近ではフェリーの充実、LCCやレンタルバイク店の普及になり、
さまざまな方法で阿蘇を楽しむことが可能になってきています。
このアクセス面での充実が九州ツーリングの人気を後押ししている要因のひとつだと思います。
また、阿蘇へのアクセスが復旧が順調に進んでいることもあり、環境も整いつつあります。
今号ではそんな阿蘇の魅力を総力をあげてご紹介します。

■別冊付録「アドベンチャーバイクBOOK」
いま、アドベンチャーバイクと呼ばれるカテゴリーが大人気です。
BMW・R1200GSを始めとした大型排気量車のほかに、
近年では小排気量車のアドベンチャーバイクのラインナップも充実してきました。
そこで、この別冊付録ではこのカテゴリーの新型バイクを一挙に紹介。
詳細なインプレションやツーリングでの使い勝手をご紹介します。
※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。
※デジタル版には、紙版の付録「阿蘇ラリー帳」は含まれません。

「BikeJIN/培倶人シリーズ」作品一覧

(63冊)

556円〜926円(+税)

まとめてカート

■巻頭・総力特集 「ライダーの聖地・阿蘇」
ライダーに大人気のツーリングエリア・阿蘇。
今号ではそんな阿蘇のツーリング情報をお届けします。
毎年恒例で行われる本誌の絶景道ランキング。
その上位を阿蘇のミルクロード、パノラマライン、やまなみハイウェイが占めており、
多くのライダーが阿蘇に行きたいと考えています。
阿蘇は本州からであれば距離があるため、「そもそも休みが取れない」「予算がない」など
といったネックもありますが、最近ではフェリーの充実、LCCやレンタルバイク店の普及になり、
さまざまな方法で阿蘇を楽しむことが可能になってきています。
このアクセス面での充実が九州ツーリングの人気を後押ししている要因のひとつだと思います。
また、阿蘇へのアクセスが復旧が順調に進んでいることもあり、環境も整いつつあります。
今号ではそんな阿蘇の魅力を総力をあげてご紹介します。

■別冊付録「アドベンチャーバイクBOOK」
いま、アドベンチャーバイクと呼ばれるカテゴリーが大人気です。
BMW・R1200GSを始めとした大型排気量車のほかに、
近年では小排気量車のアドベンチャーバイクのラインナップも充実してきました。
そこで、この別冊付録ではこのカテゴリーの新型バイクを一挙に紹介。
詳細なインプレションやツーリングでの使い勝手をご紹介します。
※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。
※デジタル版には、紙版の付録「阿蘇ラリー帳」は含まれません。

■巻頭・総力特集 「走るなら、土曜の夜」
いま、夜にさくっと走り、仲間と短時間集まるナイトミーティングが人気です。
特にこの時期は日中暑く、走りやすい環境とは言えません。
なので、涼しくなる夜に楽しむツーリングが、この夏はベストな選択でしょう。
この夜走りは昔から普通にあったものですが、特に昨今は人気の火付け役となったイベントもあり、
「ナイトミーティング」がひとつのカルチャーになりそうな気配です。
そこで、今号では「夜」にテーマを絞ってその楽しみ方をご紹介しています。
ただし、ひと口に夜走りといっても、「暗いこと」により日中とは違った運転の難しさもあります。
そんな問題を解消するためにも、夜の走り方の注意点ノウハウ、
被視認性の高いウェア、より明るくなるライトなどのギアをご紹介。
また、夜に愛車をカッコよく撮影したいというご意見を聞いているため、
夜景バイク撮影講座も開講しています。
これを読めば、夜の楽しみ方とともに、「気をつけるべきポイント」も分かります。

■第2特集 「気になる臭い、対策ノウハウ」
真夏のライディングとなると、汗ダラダラ。
ちょっと休憩しようと立ち寄ったSAでも、周りの人から自分がどう見えるか、気になるものです。
できることなら、スマートに清潔感あふれるライダーでいたい。
そこで、簡単にできる対策講座を本誌が公開。
現在は、吸汗速乾素材のインナーもありますし、ほかにも様々なツールが登場しています。
今回は、そんな便利アイテムの紹介と、役立つテクニックを紹介していきます。
※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。

■総力特集 「北海道150の魅力」
今年は蝦夷から北海道に変わって150年という節目の年。
この「北海道命名150年」という歴史的節目を迎えたライダーの聖地・北海道を、150年にちなんで150の魅力をご紹介します。
また、北海道というと「遠いし、休みが取れない」という方も数多くいますが、
今の時代はインフラも整備されていますので、LCC+レンタルバイク、という方法がメジャーになりつつあります。
この手を使えば、1泊2日、2泊3日で北海道をツーリングすることも可能です。
アクセスやプランニングも徹底紹介しています。
今号の巻頭特集「北海道は」はトータル80ページという大ボリュームで、北海道の気になる情報を網羅した完全版です。
■第2特集 「夏のノウハウ」
ライダーにとって夏は過酷です。
最近ではメッシュジャケットやハイテクアンダーも登場しており、最新の用品やノウハウを駆使すれば、グッと快適度を上げることも可能です。
この企画では暑い夏を乗り切るためのアイテム、ノウハウをご紹介します。
※デジタル版には、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、掲載情報は原則として奥付に表記している発行時のものです。

「BikeJIN/培倶人シリーズ」の作品情報

レーベル
――
出版社
エイ出版社
ジャンル
実用 雑誌 車・バイク シリーズ予約
ページ数
234ページ (BikeJIN/培倶人 2018年10月号 Vol.188)
配信開始日
2018年9月1日 (BikeJIN/培倶人 2018年10月号 Vol.188)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad