電子書籍 十手婆 文句あるかい(二見時代小説文庫) 文芸・小説

著: 和久田正明 

まずは、無料で試し読み

試し読み

24ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

十手婆 文句あるかい 火焔太鼓 あらすじ・内容

白髪丸髷に横櫛を挿す、江戸っ子婆お鹿の、意地と気風の弔い合戦!

木賃宿で皆殺しの惨劇が!
騒然とする奉行所だったが、岡っ引きの駒蔵も殺される。
女房が亭主の弔い合戦と、形見の十手で悪行を暴く!

深川のうらぶれた木賃宿で、宿の主や使用人、三人の泊まり客のすべてが殺される惨劇があった。騒然とする奉行所だったが、目的も分からず下手人の目星もつかない。岡っ引きの駒蔵は、家族の皆と一緒に手分けして見えない下手人を追うが、逆に殺されてしまう。女房のお鹿は息子二人と共に、亭主の敵でもある下手人をどこまでも追うが……。江戸っ子婆の啖呵が悪を暴く!

この作品を共有

「十手婆 文句あるかい(二見時代小説文庫)」最新刊

悪を憎んで人を憎まず。十手お鹿と息子たちの、親子岡っ引き捕物始末。

大店の女番頭の一人息子が拐しに遭うが、骸に……。
「蟻の一穴、天下の破れ!」

日本橋で呉服や小間物を商う江戸屈指の大店「桜子屋」の一番番頭お菊の一人息子が身代金目当ての拐しに遭うが、子供はすぐに骸となって家の前に投げ捨てられてしまう。母親のお菊にも怪しさが見え、十手婆お鹿はお菊の過去を探るが、下手人探しは妙な方向に。亡き亭主の遺言「蟻の一穴……」を胸に、お鹿と二人の息子の親子岡っ引きが追う先に、ついに黒幕が姿を現すが……。亡き亭主の遺言を胸に、お鹿の十手が悪を暴く!

「十手婆 文句あるかい(二見時代小説文庫)」作品一覧

(2冊)

各756(税込)

まとめてカート

白髪丸髷に横櫛を挿す、江戸っ子婆お鹿の、意地と気風の弔い合戦!

木賃宿で皆殺しの惨劇が!
騒然とする奉行所だったが、岡っ引きの駒蔵も殺される。
女房が亭主の弔い合戦と、形見の十手で悪行を暴く!

深川のうらぶれた木賃宿で、宿の主や使用人、三人の泊まり客のすべてが殺される惨劇があった。騒然とする奉行所だったが、目的も分からず下手人の目星もつかない。岡っ引きの駒蔵は、家族の皆と一緒に手分けして見えない下手人を追うが、逆に殺されてしまう。女房のお鹿は息子二人と共に、亭主の敵でもある下手人をどこまでも追うが……。江戸っ子婆の啖呵が悪を暴く!

悪を憎んで人を憎まず。十手お鹿と息子たちの、親子岡っ引き捕物始末。

大店の女番頭の一人息子が拐しに遭うが、骸に……。
「蟻の一穴、天下の破れ!」

日本橋で呉服や小間物を商う江戸屈指の大店「桜子屋」の一番番頭お菊の一人息子が身代金目当ての拐しに遭うが、子供はすぐに骸となって家の前に投げ捨てられてしまう。母親のお菊にも怪しさが見え、十手婆お鹿はお菊の過去を探るが、下手人探しは妙な方向に。亡き亭主の遺言「蟻の一穴……」を胸に、お鹿と二人の息子の親子岡っ引きが追う先に、ついに黒幕が姿を現すが……。亡き亭主の遺言を胸に、お鹿の十手が悪を暴く!

「十手婆 文句あるかい(二見時代小説文庫)」の作品情報

レーベル
二見時代小説文庫
出版社
二見書房
ジャンル
文芸・小説 歴史 時代小説 日本文学
ページ数
266ページ (十手婆 文句あるかい 火焔太鼓)
配信開始日
2019年5月1日 (十手婆 文句あるかい 火焔太鼓)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad