電子書籍 名もなき「英雄たち」へ -ピュージェット湾 愛しき日々-(BookWay) 文芸・小説

著: 岸本美一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

名もなき「英雄たち」へ -ピュージェット湾 愛しき日々- あらすじ・内容

「自由」は、自らの血と涙で勝ち取ったものである。
エイミーも艦橋から身を乗り出すようにして、高速艇に向け拳銃を撃ち続けた。
その時、エイミーの胸に衝撃が走った・・・・・砲声と銃声、全ての音が耳から消えた。懸命に照準を合わそうとしたが、目前がかすみ、引き金を引く指に力が入らない。その時、どこからともなく憲通の歌う「スワニー川」が聞えてきた。一八六四年八月五日・・・・・エイミー・松田、モービル湾の海戦で戦死、憲通のもとへ戦死の報が届いたのは、ピュージェット湾に秋風が吹くころであった。
「本文より」

この作品を共有

「名もなき「英雄たち」へ -ピュージェット湾 愛しき日々-(BookWay)」最新刊

「自由」は、自らの血と涙で勝ち取ったものである。
エイミーも艦橋から身を乗り出すようにして、高速艇に向け拳銃を撃ち続けた。
その時、エイミーの胸に衝撃が走った・・・・・砲声と銃声、全ての音が耳から消えた。懸命に照準を合わそうとしたが、目前がかすみ、引き金を引く指に力が入らない。その時、どこからともなく憲通の歌う「スワニー川」が聞えてきた。一八六四年八月五日・・・・・エイミー・松田、モービル湾の海戦で戦死、憲通のもとへ戦死の報が届いたのは、ピュージェット湾に秋風が吹くころであった。
「本文より」

「名もなき「英雄たち」へ -ピュージェット湾 愛しき日々-(BookWay)」の作品情報

レーベル
――
出版社
BookWay
ジャンル
文芸・小説 歴史 時代小説
ページ数
414ページ (名もなき「英雄たち」へ -ピュージェット湾 愛しき日々-)
配信開始日
2019年4月26日 (名もなき「英雄たち」へ -ピュージェット湾 愛しき日々-)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad