電子書籍 孤独という道づれ(幻冬舎単行本) 文芸・小説

著: 岸惠子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

孤独という道づれ あらすじ・内容

日本とフランスを行き来した、
60年の苦や楽や、
三度の別れで気がついた、
孤独という宝もの。

結婚のため単身フランスに渡ったのが24歳のとき。その後、41歳で夫と別れ独り身になって以来、女優として作家として、そして母として無我夢中で走り続けてきた。晩年という齢になって、物忘れや体調の変化など悩まされることも確かに増えたが、持ち前の「若さ」で受けた仕事はとことんこなす。たとえ、うっかり転んで肋骨を二本折ったりしても……。

女は見栄とはったり

独りで生きる気苦労は「若さ」の源泉

愛する日本のあらゆる世代へ今伝えたい16のメッセージ!

この作品を共有

「孤独という道づれ(幻冬舎単行本)」最新刊

日本とフランスを行き来した、
60年の苦や楽や、
三度の別れで気がついた、
孤独という宝もの。

結婚のため単身フランスに渡ったのが24歳のとき。その後、41歳で夫と別れ独り身になって以来、女優として作家として、そして母として無我夢中で走り続けてきた。晩年という齢になって、物忘れや体調の変化など悩まされることも確かに増えたが、持ち前の「若さ」で受けた仕事はとことんこなす。たとえ、うっかり転んで肋骨を二本折ったりしても……。

女は見栄とはったり

独りで生きる気苦労は「若さ」の源泉

愛する日本のあらゆる世代へ今伝えたい16のメッセージ!

「孤独という道づれ(幻冬舎単行本)」の作品情報

レーベル
幻冬舎単行本
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸・小説 エッセイ 占い・風水・スピリチュアル
ページ数
146ページ (孤独という道づれ)
配信開始日
2019年5月2日 (孤独という道づれ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad