電子書籍 アメリカの会計原則 実用

著: あらた監査法人 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

最新 アメリカの会計原則 あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。最新制度の概略から実務対応まで設例でわかりやすく解説。収益認識・連結など基準改正を反映。ロングセラー『アメリカの会計原則 各年度版』シリーズ最新版。本書の特徴は以下のとおり。・実例を豊富に取り入れ、また、説明をできるだけ平易に行い、職業会計人、企業の経理担当者はもちろんのこと、一般ビジネスマン、学生等にも容易に理解できる。・アメリカの会計基準の主たる項目を網羅的に取入れる一方、各項目の会計処理および開示内容については、そのポイントを短時間で理解できる。・適宜、会計基準等の原文を参照しやすいよう、主な会計基準等の関連パラグラフを記載。・アメリカの会計基準の説明に加え、適宜、日本の会計基準およびIFRSとの比較ができる。【主な内容】第1章 最近のトピックス第2章 アメリカの会計原則第3章 連結決算と持分法第4章 公正価値の測定第5章 金融商品第6章 外貨関連事項第7章 非貨幣性取引第8章 収益の認識第9章 棚卸資産第10章 リース会計第11章 金利コストの資産化第12章 資産除去債務第13章 減損会計第14章 研究開発費第15章 ソフトウェア第16章 企業結合第17章 退職その他の従業員給付第18章 株式に基づく報酬第19章 その他債務(偶発損失、リストラ関連コストおよび環境関連債務)第20章 資本会計第21章 包括利益第22章 税効果会計第23章 会計上の変更および誤謬の訂正第24章 異常項目第25章 1株当たり利益第26章 キャッシュ・フロー計算書第27章 セグメント情報第28章 関連当事者との取引第29章 期中財務報告第30章 アメリカ基準に基づく連結財務諸表の実例およびASCのリスト

この作品を共有

「アメリカの会計原則」最新刊

収益認識・リース・金融商品・連結・株式報酬などの基準改正を反映し改訂!
最新制度の概略から実務対応まで設例でわかりやすく解説。

【本書の特徴】
●アメリカの会計基準の主な項目を網羅
●各項目の会計処理と開示内容のポイントが短時間で理解できる
●会計基準等の原文を参照しやすいように関連パラグラフを記載
●豊富な実例と充実した解説
●日本の会計基準およびIFRSとの比較もできる
●職業会計人から企業の経理担当者、一般ビジネスパーソン、学生までの幅広い層が読者対象

「アメリカの会計原則」作品一覧

(3冊)

3,366〜5,060(税込)

まとめてカート

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。最新制度の概略から実務対応まで設例でわかりやすく解説。収益認識・連結など基準改正を反映。ロングセラー『アメリカの会計原則 各年度版』シリーズ最新版。本書の特徴は以下のとおり。・実例を豊富に取り入れ、また、説明をできるだけ平易に行い、職業会計人、企業の経理担当者はもちろんのこと、一般ビジネスマン、学生等にも容易に理解できる。・アメリカの会計基準の主たる項目を網羅的に取入れる一方、各項目の会計処理および開示内容については、そのポイントを短時間で理解できる。・適宜、会計基準等の原文を参照しやすいよう、主な会計基準等の関連パラグラフを記載。・アメリカの会計基準の説明に加え、適宜、日本の会計基準およびIFRSとの比較ができる。【主な内容】第1章 最近のトピックス第2章 アメリカの会計原則第3章 連結決算と持分法第4章 公正価値の測定第5章 金融商品第6章 外貨関連事項第7章 非貨幣性取引第8章 収益の認識第9章 棚卸資産第10章 リース会計第11章 金利コストの資産化第12章 資産除去債務第13章 減損会計第14章 研究開発費第15章 ソフトウェア第16章 企業結合第17章 退職その他の従業員給付第18章 株式に基づく報酬第19章 その他債務(偶発損失、リストラ関連コストおよび環境関連債務)第20章 資本会計第21章 包括利益第22章 税効果会計第23章 会計上の変更および誤謬の訂正第24章 異常項目第25章 1株当たり利益第26章 キャッシュ・フロー計算書第27章 セグメント情報第28章 関連当事者との取引第29章 期中財務報告第30章 アメリカ基準に基づく連結財務諸表の実例およびASCのリスト

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。日本においても、日本におけるIFRS採用の動向や、日本の会計基準のIFRSへのコンバージェンスの議論などに関連して、アメリカの会計基準の動きが直接的にまたは間接的に日本の会計基準に影響を与えており、その動向には多くの関心が寄せられている。こうした環境下にあって、アメリカの会計基準の動向を理解することは、今後のIFRSおよび日本の会計基準の動向を見極めるうえでも重要であり、直接アメリカの会計基準を適用している企業の経理・財務担当者はもとより、IFRSの導入準備を進めている企業の関係者や日本基準の将来動向に関心を持つ方々にとっても有益であると思われる。本書は、2011年6月までに公表されたアメリカの会計基準を対象として取扱っており、本書を執筆するにあたっては、以下の点に重点を置いている。1.実例を豊富に取り入れ、また、説明をできるだけ平易に行い、職業会計人、企業の経理担当者はもちろんのこと、一般ビジネスマン、学生等にも容易に理解できる内容にした。2.アメリカの会計基準の主たる項目を網羅的に取入れる一方、各項目の会計処理および開示内容については、そのポイントを短時間で理解できるようにした。3.適宜、会計基準等の原文を参照しやすいよう、主な会計基準等の関連パラグラフを記載した。4.実務に役立つように、可能な限り充実した解説を加えた。5.アメリカの会計基準の説明に加え、適宜、日本の会計基準およびIFRSとの比較を織り込んだ。【主な内容】第1章 最近のトピックス第2章 アメリカの会計原則第3章 連結決算と持分法第4章 公正価値の測定第5章 金融商品第6章 外貨関連事項第7章 非貨幣取引第8章 収益の認識第9章 棚卸資産第10章 リース会計第11章 利子費用の資産化第12章 資産除去債務第13章 減損会計第14章 研究開発費第15章 ソフトウェア第16章 企業結合第17章 退職その他の従業員給付第18章 株式報酬など。

収益認識・リース・金融商品・連結・株式報酬などの基準改正を反映し改訂!
最新制度の概略から実務対応まで設例でわかりやすく解説。

【本書の特徴】
●アメリカの会計基準の主な項目を網羅
●各項目の会計処理と開示内容のポイントが短時間で理解できる
●会計基準等の原文を参照しやすいように関連パラグラフを記載
●豊富な実例と充実した解説
●日本の会計基準およびIFRSとの比較もできる
●職業会計人から企業の経理担当者、一般ビジネスパーソン、学生までの幅広い層が読者対象

「アメリカの会計原則」の作品情報

レーベル
――
出版社
東洋経済新報社
ジャンル
実用 ビジネス
ページ数
411ページ (最新 アメリカの会計原則)
配信開始日
2014年10月17日 (最新 アメリカの会計原則)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad