電子書籍 動乱の刑事(講談社) 文芸・小説

著: 堂場瞬一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

動乱の刑事 あらすじ・内容

大義か、道義か。刑事と公安、親友同士のふたりの警官。使命の違いは、守るべきものを曇らせる。一九五二年、サンフランシスコ講和条約発効直前。東京都内の駐在所が爆破される。死者は二名。ひとりは駐在巡査、もうひとりの身元は不明。刑事の高峰は、共産党過激派の関与を睨むが、秘密主義の公安から情報が流れず、捜査は難航。高峰は、親友で公安に所属する海老沢に協力を仰ぎ、共同戦線を張って真相に近づこうとする。だが、あくまで個人への犯罪として捜査する「捜査一課」に対し、事件を利用し過激派の瓦解を目論む「公安一課」という相反する立場が、ふたりの関係に影を落とす。時代の乱れが、警察という「組織」の矛盾を生み出していく。戦後警察の光と闇を炙り出す一大叙事詩、待望の第二幕!

この作品を共有

「動乱の刑事(講談社)」最新刊

大義か、道義か。刑事と公安、親友同士のふたりの警官。使命の違いは、守るべきものを曇らせる。一九五二年、サンフランシスコ講和条約発効直前。東京都内の駐在所が爆破される。死者は二名。ひとりは駐在巡査、もうひとりの身元は不明。刑事の高峰は、共産党過激派の関与を睨むが、秘密主義の公安から情報が流れず、捜査は難航。高峰は、親友で公安に所属する海老沢に協力を仰ぎ、共同戦線を張って真相に近づこうとする。だが、あくまで個人への犯罪として捜査する「捜査一課」に対し、事件を利用し過激派の瓦解を目論む「公安一課」という相反する立場が、ふたりの関係に影を落とす。時代の乱れが、警察という「組織」の矛盾を生み出していく。戦後警察の光と闇を炙り出す一大叙事詩、待望の第二幕!

「動乱の刑事(講談社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
講談社
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
402ページ (動乱の刑事)
配信開始日
2019年5月22日 (動乱の刑事)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad