電子書籍 そうしたら掌に自由が残った 200の「生きるキーワード」(幻冬舎文庫) 文芸・小説

著: さだまさし 

まずは、無料で試し読み

試し読み

28ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

そうしたら掌に自由が残った 200の「生きるキーワード」 あらすじ・内容

「こころ」は水分を多く含んでいます。だから「こころ」は、枯れたり、かさついたり、しぼんだりするんです。「こころ」に与える水は「感動」なんです――日頃から歌作りに込めている思い、愛する人への切ない気持ち、絶対に譲れないポリシー、そして、生きることの重さ……。読むだけで勇気と元気が湧いてくる珠玉の名言集。

この作品を共有

「そうしたら掌に自由が残った 200の「生きるキーワード」(幻冬舎文庫)」最新刊

「こころ」は水分を多く含んでいます。だから「こころ」は、枯れたり、かさついたり、しぼんだりするんです。「こころ」に与える水は「感動」なんです――日頃から歌作りに込めている思い、愛する人への切ない気持ち、絶対に譲れないポリシー、そして、生きることの重さ……。読むだけで勇気と元気が湧いてくる珠玉の名言集。

「そうしたら掌に自由が残った 200の「生きるキーワード」(幻冬舎文庫)」の作品情報

レーベル
幻冬舎文庫
出版社
幻冬舎
ジャンル
文芸・小説
ページ数
289ページ (そうしたら掌に自由が残った 200の「生きるキーワード」)
配信開始日
2019年5月15日 (そうしたら掌に自由が残った 200の「生きるキーワード」)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad