電子書籍 くすのき亭の日々(エンペラーズコミックス) マンガ

著: 小山田いく 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

くすのき亭の日々 あらすじ・内容

一昨年母親が急逝してから父と一緒に大衆食堂「くすのき亭」を切り盛りする楠了子(くすのき りょうこ)。
以前は色々夢もあったような気もするが、今は淡々と店の仕事をこなす毎日…そんな毎日の筈なのだが、彼女の周りにはいつも不思議な出来事がついて回るのだった。
ある日、閉店直後に電話が鳴り、了子が受けるとそれはラーメンの注文だった。
自分で調理し出前に行った了子だったが、電話をしてきた女性はこの世の者では無かった。
そしてその日から了子の元には閉店後のラーメンの注文が入るようになる。
了子は何者かに憑かれたように夜の出前を繰り返すが…。
その他、表題作品「くすのき亭の日々」の他、とあるレストランのオーナーが突然家に友人の娘を住まわせたことからそのオーナーと息子の間に起きる出来事を描いた「すぺしゃる料理人」、昔一緒に遊んだ男の子の面影を追って信州、小諸を訪れた女性の一日をほのぼのと綴る「約束」を掲載。
小山田いくが大衆食堂「くすのき亭」の日常にからめて、人間の機微を丁寧に描く珠玉のホラーストーリーの決定版!

  • シェア:
  

「くすのき亭の日々(エンペラーズコミックス)」最新刊

一昨年母親が急逝してから父と一緒に大衆食堂「くすのき亭」を切り盛りする楠了子(くすのき りょうこ)。
以前は色々夢もあったような気もするが、今は淡々と店の仕事をこなす毎日…そんな毎日の筈なのだが、彼女の周りにはいつも不思議な出来事がついて回るのだった。
ある日、閉店直後に電話が鳴り、了子が受けるとそれはラーメンの注文だった。
自分で調理し出前に行った了子だったが、電話をしてきた女性はこの世の者では無かった。
そしてその日から了子の元には閉店後のラーメンの注文が入るようになる。
了子は何者かに憑かれたように夜の出前を繰り返すが…。
その他、表題作品「くすのき亭の日々」の他、とあるレストランのオーナーが突然家に友人の娘を住まわせたことからそのオーナーと息子の間に起きる出来事を描いた「すぺしゃる料理人」、昔一緒に遊んだ男の子の面影を追って信州、小諸を訪れた女性の一日をほのぼのと綴る「約束」を掲載。
小山田いくが大衆食堂「くすのき亭」の日常にからめて、人間の機微を丁寧に描く珠玉のホラーストーリーの決定版!

「くすのき亭の日々(エンペラーズコミックス)」の作品情報

レーベル
エンペラーズコミックス
出版社
大洋図書
ジャンル
マンガ 青年マンガ 男性向け ミステリー・推理・サスペンス ファンタジー ホラー 学習 教養 教育
ページ数
160ページ (くすのき亭の日々)
配信開始日
2019年5月23日 (くすのき亭の日々)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。