電子書籍 孤独の意味も、女であることの味わいも(新潮社) 文芸・小説

著: 三浦瑠麗 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

孤独の意味も、女であることの味わいも あらすじ・内容

女であることは、強さと矛盾しない。知性は感性を殺さない。本を偏愛した少女時代。学校生活での疎外は暴力へ。夫との出会い、最愛のわが子を喪う経験、母親から再び女性になるということ。どんなことがあっても救えない子はいない。正解のない試行錯誤そのままに、気鋭の国際政治学者が、長年抱いてきた葛藤を初めて語る。

この作品を共有

「孤独の意味も、女であることの味わいも(新潮社)」最新刊

女であることは、強さと矛盾しない。知性は感性を殺さない。本を偏愛した少女時代。学校生活での疎外は暴力へ。夫との出会い、最愛のわが子を喪う経験、母親から再び女性になるということ。どんなことがあっても救えない子はいない。正解のない試行錯誤そのままに、気鋭の国際政治学者が、長年抱いてきた葛藤を初めて語る。

「孤独の意味も、女であることの味わいも(新潮社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
新潮社
ジャンル
文芸・小説 エッセイ
ページ数
116ページ (孤独の意味も、女であることの味わいも)
配信開始日
2019年5月17日 (孤独の意味も、女であることの味わいも)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad