電子書籍 新装版 勝海舟 実用

著: 勝部真長 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

新装版 勝海舟 上 あらすじ・内容

哲人政治家・勝海舟はいかにして生まれたか? 勝家の系譜からひもとき、父・小吉と少年麟太郎(海舟)の関係のあり方を丹念に描く。

哲人思想家・勝海舟はいかにして生まれたのか? 曾祖父・米山検校と父・小吉の烈々たる生涯――。少年・麟太郎を取り巻く人々とその生い立ちから、「海舟精神」の源流を探る。大物政治家不在の時代に問う、評伝大作! 【上巻目次】●序章 海舟のいる風景――孫・高山正代の追想 ●第一章 もののふの血、踊る――勝家の家系海舟精神の源流 ●第二章 光明への旅立ち――男谷家の家系と盲人・米山検校 ●第三章 奔馬の譜――『夢酔独言』――父・小吉の世界 ●第四章 功なく名なく――平山子龍先生にみる勝父子の精神風土

この作品を共有

「新装版 勝海舟」最新刊

維新後の世に、是が非でも守ろうとしたもの――。徳川家と旧幕臣の保護・結束を目指して、死の直前まで奮闘した三十年の月日。哲人政治家・海舟の真価を見据える。海舟の本当の価値は、明治の活動にある! 【下巻目次】●第十章 「智勇の将」ふたり――江戸開城の談判 ●第十一章 慎みの人々――徳川とともに駿府へ下る ●第十二章 動揺の火種――東京定住と海舟の復帰 ●第十三章 氷川、赫々の日々――徳川の“保護と束ね”の三十年 ●第十四章 達人は大観す――海舟の人間学 ●終章 残照の彩――海舟の歿後

「新装版 勝海舟」作品一覧

(3冊)

各1,400(税込)

まとめてカート

哲人思想家・勝海舟はいかにして生まれたのか? 曾祖父・米山検校と父・小吉の烈々たる生涯――。少年・麟太郎を取り巻く人々とその生い立ちから、「海舟精神」の源流を探る。大物政治家不在の時代に問う、評伝大作! 【上巻目次】●序章 海舟のいる風景――孫・高山正代の追想 ●第一章 もののふの血、踊る――勝家の家系海舟精神の源流 ●第二章 光明への旅立ち――男谷家の家系と盲人・米山検校 ●第三章 奔馬の譜――『夢酔独言』――父・小吉の世界 ●第四章 功なく名なく――平山子龍先生にみる勝父子の精神風土

海舟が33歳で幕府に見出されたのは、「幕末動乱」という時代の要請でもあった。海軍の育成に情熱を傾けながら、倒幕のうねりに期した、海舟の心底を描く。海舟は日本を何処に導こうとしたのか!? 【中巻目次】●第五章 天命の予感――窮境の中、兵術・蘭学練成のとき ●第六章 群星かがやく――長崎海軍伝習所に集う逸材たち ●第七章 開明への船出――咸臨丸渡米と攘夷の嵐 ●第八章 虚しい奔走――神戸海軍操練所にかけた夢 ●第九章 回天の地鳴り――宮島談判から鳥羽伏見の戦

維新後の世に、是が非でも守ろうとしたもの――。徳川家と旧幕臣の保護・結束を目指して、死の直前まで奮闘した三十年の月日。哲人政治家・海舟の真価を見据える。海舟の本当の価値は、明治の活動にある! 【下巻目次】●第十章 「智勇の将」ふたり――江戸開城の談判 ●第十一章 慎みの人々――徳川とともに駿府へ下る ●第十二章 動揺の火種――東京定住と海舟の復帰 ●第十三章 氷川、赫々の日々――徳川の“保護と束ね”の三十年 ●第十四章 達人は大観す――海舟の人間学 ●終章 残照の彩――海舟の歿後

「新装版 勝海舟」の作品情報

レーベル
――
出版社
PHP研究所
ジャンル
実用
ページ数
392ページ (新装版 勝海舟 上)
配信開始日
2019年5月17日 (新装版 勝海舟 上)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad