電子書籍 体育のにがてを克服!小学生の運動 上達のコツ50 ~とび箱・鉄棒・マット・なわとび・かけっこ~ 実用

監修: 米田功 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

体育のにがてを克服!小学生の運動 上達のコツ50 ~とび箱・鉄棒・マット・なわとび・かけっこ~ あらすじ・内容

★ アテネ五輪金メダリストがやさしく教える!★ いろんなスポーツに役立つ力が身につく! ★ 子どもがたのしく成長できる コツ満載!! ★ ひとりでもできる!さかあがりのコツ★ 前転や側転をかっこよく決めるには★ ケガを防ぐきれいなフォーム

★ アテネ五輪金メダリストがやさしく教える!<br>★ いろんなスポーツに役立つ力が身につく! <br>★ 子どもがたのしく成長できる コツ満載!! <br>★ ひとりでもできる!
さかあがりのコツ<br>★ 前転や側転をかっこよく決めるには<br>★ ケガを防ぐきれいなフォーム<br>◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆ <br>子どもたちが健全に成長していくために、
運動は欠かせない要素です。
体を強くすることはもちろん、
心と体はつながっているので、
運動に取り組むことでメンタル面を養い、
充実させることができるのです。
「プロスポーツ選手になる」
「オリンピックに出場する」
といったトップレベルを目指すことは元より、
運動能力を高めることは人間的な成長に直結します。<br>そのために最も重要になるのは、
子どもが楽しく体を動かせる環境づくりや指導です。
環境とは、子どもが自発的に運動するように促すことです。
親や指導者は運動へのモチベーションを損なわないように、
褒めてあげるなどその子に合った方法で
サポートしてあげてください。<br>具体的な指導法については、
経験や知識がないとなかなか難しいでしょう。
そのためにこの本では、
とび箱、マット運動、鉄棒の体操種目と、
なわとび、かけっこというシンプルな運動を、
5種類紹介しています。
これらは全て、
動作の複合や柔軟性といった、
あらゆるスポーツで求められる能力を
養える運動ですので、成長してサッカーや野球など
ほかの競技に移行した場合にも、
その子の軸となり上達の手助けになるでしょう。
うまく指導するためのポイント、
ケガをしないための注意点も掲載していますので、
楽しく安全に運動させてください。<br>このとき、取り組む順番を気にする必要はありません。
大切なのは、子どもが興味を示したり
得意とする運動に取り組ませることです。
これが自発的なチャレンジとなり、
成長につながるのです。
種目を強要することは、
運動に対して苦手意識を抱かせる危険性があるので、
充分に注意してください。<br>この本を通じて、
子どもたちに運動を好きになってもらえたら幸いです。<br>アテネオリンピック金メダリスト
米田 功<br><br>※ 本書は、2014年発行の
『必ずできる! とび箱・鉄棒・マット運動 上達のコツ50』
の書名・装丁を変更し、新たに発行したものです。<br>

この作品を共有

「体育のにがてを克服!小学生の運動 上達のコツ50 ~とび箱・鉄棒・マット・なわとび・かけっこ~」最新刊

★ アテネ五輪金メダリストがやさしく教える!<br>★ いろんなスポーツに役立つ力が身につく! <br>★ 子どもがたのしく成長できる コツ満載!! <br>★ ひとりでもできる!
さかあがりのコツ<br>★ 前転や側転をかっこよく決めるには<br>★ ケガを防ぐきれいなフォーム<br>◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆ <br>子どもたちが健全に成長していくために、
運動は欠かせない要素です。
体を強くすることはもちろん、
心と体はつながっているので、
運動に取り組むことでメンタル面を養い、
充実させることができるのです。
「プロスポーツ選手になる」
「オリンピックに出場する」
といったトップレベルを目指すことは元より、
運動能力を高めることは人間的な成長に直結します。<br>そのために最も重要になるのは、
子どもが楽しく体を動かせる環境づくりや指導です。
環境とは、子どもが自発的に運動するように促すことです。
親や指導者は運動へのモチベーションを損なわないように、
褒めてあげるなどその子に合った方法で
サポートしてあげてください。<br>具体的な指導法については、
経験や知識がないとなかなか難しいでしょう。
そのためにこの本では、
とび箱、マット運動、鉄棒の体操種目と、
なわとび、かけっこというシンプルな運動を、
5種類紹介しています。
これらは全て、
動作の複合や柔軟性といった、
あらゆるスポーツで求められる能力を
養える運動ですので、成長してサッカーや野球など
ほかの競技に移行した場合にも、
その子の軸となり上達の手助けになるでしょう。
うまく指導するためのポイント、
ケガをしないための注意点も掲載していますので、
楽しく安全に運動させてください。<br>このとき、取り組む順番を気にする必要はありません。
大切なのは、子どもが興味を示したり
得意とする運動に取り組ませることです。
これが自発的なチャレンジとなり、
成長につながるのです。
種目を強要することは、
運動に対して苦手意識を抱かせる危険性があるので、
充分に注意してください。<br>この本を通じて、
子どもたちに運動を好きになってもらえたら幸いです。<br>アテネオリンピック金メダリスト
米田 功<br><br>※ 本書は、2014年発行の
『必ずできる! とび箱・鉄棒・マット運動 上達のコツ50』
の書名・装丁を変更し、新たに発行したものです。<br>

「体育のにがてを克服!小学生の運動 上達のコツ50 ~とび箱・鉄棒・マット・なわとび・かけっこ~」の作品情報

レーベル
――
出版社
メイツ出版
ジャンル
実用
ページ数
130ページ (体育のにがてを克服!小学生の運動 上達のコツ50 ~とび箱・鉄棒・マット・なわとび・かけっこ~)
配信開始日
2019年5月17日 (体育のにがてを克服!小学生の運動 上達のコツ50 ~とび箱・鉄棒・マット・なわとび・かけっこ~)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad