電子書籍 部活で 吹奏楽 フルート 上達BOOK  実用

監修: 酒井秀明  監修: 佐藤博 

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

部活で 吹奏楽 フルート 上達BOOK  あらすじ・内容

★ 演奏テクニックから部活としての取り組みまで、ステップアップのためのポイントがわかる! ★ 毎日できる練習メニュー ★ アンサンブル&合奏のコツ ★ 本番に強いメンタル育成・・・etc.

<br> ★ 演奏テクニックから部活としての取り組みまで、
ステップアップのためのポイントがわかる!<br> ★ 毎日できる練習メニュー<br> ★ アンサンブル&合奏のコツ<br> ★ 本番に強いメンタル育成
・・・etc.<br>◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆ <br>フルートは、石器時代から使われていたと言われている
とても歴史の深い楽器です。
私がフルートを始めたのは中学生の時で、
中学2年生で地元のジュニアオーケストラに入団してから、
オーケストラやアンサンブルを通じて
フルートの面白さや魅力を
存分に味わってきました。<br>どんな楽器にも共通することですが、
楽器はひとりで吹いているよりは2人、
2人より3人……と仲間を増やして
演奏することの方がずっと楽しいものです。
ひとりぼっちで練習していてもさみしいし、
ひとりだけでできることは限られています。<br>私が最初に師事した先生は、
いつも私と一緒にフルートを
デュエットをしてくださいました。
初見でいろいろな曲を吹くことはとても勉強になりましたし、
その時に体験したアンサンブルの楽しさは、
今も私がフルートを続けていることの
原体験にもなっている大切な思い出です。<br>フルートは、力強いというよりも優しく、
優雅な音色が持ち味であると思います。
そんなフルートの魅力を生かし、
楽しんで演奏するためには、
ある程度の技術を習得することが
どうしても必要になるでしょう。<br>系統立った基礎練習の繰り返しは地味で、
決して楽しいことばかりではありませんが、
日々の練習は目的意識を持って、
集中して続けることが大切です。
漠然と長い時間練習するよりも、
短時間でも効率的に練習する方が
確実にステップアップすることができるのです。<br>「フルートを吹くのが好き!」
「フルートを吹くのが面白い!」
という気持ちが根底にあれば、
あなたは必ず今よりも上達できます。
いつもその気持ちを忘れずに、
音楽を楽しんでください。<br>洗足学園音楽大学客員教授
一般社団法人日本フルート協会副会長
酒井 秀明<br>

この作品を共有

「部活で 吹奏楽 フルート 上達BOOK 」最新刊

<br> ★ 演奏テクニックから部活としての取り組みまで、
ステップアップのためのポイントがわかる!<br> ★ 毎日できる練習メニュー<br> ★ アンサンブル&合奏のコツ<br> ★ 本番に強いメンタル育成
・・・etc.<br>◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆ <br>フルートは、石器時代から使われていたと言われている
とても歴史の深い楽器です。
私がフルートを始めたのは中学生の時で、
中学2年生で地元のジュニアオーケストラに入団してから、
オーケストラやアンサンブルを通じて
フルートの面白さや魅力を
存分に味わってきました。<br>どんな楽器にも共通することですが、
楽器はひとりで吹いているよりは2人、
2人より3人……と仲間を増やして
演奏することの方がずっと楽しいものです。
ひとりぼっちで練習していてもさみしいし、
ひとりだけでできることは限られています。<br>私が最初に師事した先生は、
いつも私と一緒にフルートを
デュエットをしてくださいました。
初見でいろいろな曲を吹くことはとても勉強になりましたし、
その時に体験したアンサンブルの楽しさは、
今も私がフルートを続けていることの
原体験にもなっている大切な思い出です。<br>フルートは、力強いというよりも優しく、
優雅な音色が持ち味であると思います。
そんなフルートの魅力を生かし、
楽しんで演奏するためには、
ある程度の技術を習得することが
どうしても必要になるでしょう。<br>系統立った基礎練習の繰り返しは地味で、
決して楽しいことばかりではありませんが、
日々の練習は目的意識を持って、
集中して続けることが大切です。
漠然と長い時間練習するよりも、
短時間でも効率的に練習する方が
確実にステップアップすることができるのです。<br>「フルートを吹くのが好き!」
「フルートを吹くのが面白い!」
という気持ちが根底にあれば、
あなたは必ず今よりも上達できます。
いつもその気持ちを忘れずに、
音楽を楽しんでください。<br>洗足学園音楽大学客員教授
一般社団法人日本フルート協会副会長
酒井 秀明<br>

「部活で 吹奏楽 フルート 上達BOOK 」の作品情報

レーベル
――
出版社
メイツ出版
ジャンル
実用
ページ数
114ページ (部活で 吹奏楽 フルート 上達BOOK )
配信開始日
2019年5月17日 (部活で 吹奏楽 フルート 上達BOOK )
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad