電子書籍 三月の空を見上げて:戦災孤児から児童文学作家へ(第三文明社) 文芸・小説

著: 漆原智良 

まずは、無料で試し読み

試し読み

22ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

三月の空を見上げて:戦災孤児から児童文学作家へ あらすじ・内容

1945.3.10(東京大空襲)と、2011.3.11(東日本大震災)を超えて──。 数多くの著書をもつ児童文化功労賞を受賞した著者が、平和を願い、人との出会いを宝として歩んだ85年の人生をつづった初めての自伝。戦災孤児から苦闘の青春時代を経て、孤島での教員生活から児童文学作家の道へ進み、大学講師・著述家として震災被災者に寄り添うまでの半生、そして未来へ。

この作品を共有

「三月の空を見上げて:戦災孤児から児童文学作家へ(第三文明社)」最新刊

1945.3.10(東京大空襲)と、2011.3.11(東日本大震災)を超えて──。 数多くの著書をもつ児童文化功労賞を受賞した著者が、平和を願い、人との出会いを宝として歩んだ85年の人生をつづった初めての自伝。戦災孤児から苦闘の青春時代を経て、孤島での教員生活から児童文学作家の道へ進み、大学講師・著述家として震災被災者に寄り添うまでの半生、そして未来へ。

「三月の空を見上げて:戦災孤児から児童文学作家へ(第三文明社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
第三文明社
ジャンル
文芸・小説 エッセイ ノンフィクション
ページ数
240ページ (三月の空を見上げて:戦災孤児から児童文学作家へ)
配信開始日
2019年5月17日 (三月の空を見上げて:戦災孤児から児童文学作家へ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad