電子書籍 僕、トーキョーの味方です 文芸・小説

著者: マイケル・プロンコ  訳者: 矢羽野薫 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

僕、トーキョーの味方です アメリカ人哲学者が日本に魅せられる理由 あらすじ・内容

大学で異文化コミュニケーションや英語論を教えるアメリカ人哲学者・プロンコ氏が、鋭くかつ温かにトーキョーを観察。

居酒屋、ドンキホーテから立ち読み、自販機、桜並木の地図まで、不思議なモノや習慣を、独特のユーモアを交えて書いたエッセイ。

この作品を共有

「僕、トーキョーの味方です」最新刊

明治学院大学でアメリカ文学・文化を教えるアメリカ人教授・プロンコ氏が、トーキョーを観察するNewsweek 日本版の連載をまとめたエッセイ集第2弾。健康ドリンク、駅ナカ、検定、母娘デートなど…日本独自の不思議なモノや習慣を、独特のユーモアを交えて書いている。

「僕、トーキョーの味方です」作品一覧

(3冊)

各1,320(税込)

まとめてカート

居酒屋、ドンキホーテから立ち読み、自販機、桜並木の地図まで、不思議なモノや習慣を、独特のユーモアを交えて書いたエッセイ。

明治学院大学で英語を教える著者が、つい文法を気にして英語を話すことをためらってしまう人たちに「日本人の英語は思っているほど悪くない、大丈夫だよ」と語りかけるエッセイ集。17カ国を放浪した経験や日本で20年英語を教えてきた経験をもとにしたエピソードは、読者を英語呪縛から解き放ってくれる。

明治学院大学でアメリカ文学・文化を教えるアメリカ人教授・プロンコ氏が、トーキョーを観察するNewsweek 日本版の連載をまとめたエッセイ集第2弾。健康ドリンク、駅ナカ、検定、母娘デートなど…日本独自の不思議なモノや習慣を、独特のユーモアを交えて書いている。

「僕、トーキョーの味方です」の作品情報

レーベル
――
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸・小説 エッセイ
ページ数
206ページ (僕、トーキョーの味方です アメリカ人哲学者が日本に魅せられる理由)
配信開始日
2014年10月30日 (僕、トーキョーの味方です アメリカ人哲学者が日本に魅せられる理由)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad