電子書籍 外法師(集英社コバルト文庫) 文芸・小説

著者: 毛利志生子  イラストレータ: 紗月輪 

まずは、無料で試し読み

試し読み

24ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

外法師 鵺の夜 あらすじ・内容

時は平安。嵯峨野の山中に住む「水守」の少女玉穂は、火事で父を亡くしたショックで、十歳のまま成長が止まってしまった。父の跡を継いで聖なる井戸を守り、呪術の依頼を受ける暮らしをしている。あるとき玉穂は、都の陰陽師、賀茂道平の訪問を受けた。懐妊中の中宮、妍子が何者かに呪詛されているのだが、実は道平は呪術が使えないのだという。玉穂はさっそく宮中に入り込むが……。

この作品を共有

「外法師(集英社コバルト文庫)」最新刊

新興宗教「孔雀さま」を率いる謎の法師、妙見の罠にはまって術をかけられてしまった玉穂。10歳のまま成長が止まっていた体がみるみるうちに大きくなって、二十歳前後にまでなり……。妙見の肥大した野望が、平安京の滅亡と権力の掌握にあることを知った玉穂は、綺童丸とともに、彼の秘密の鍵を握る播磨の白蓮院まで馬を飛ばすが……。外法師シリーズ、とうとう怒涛の最終章へ突入!

「外法師(集英社コバルト文庫)」作品一覧

(6冊)

各550(税込)

まとめてカート

時は平安。嵯峨野の山中に住む「水守」の少女玉穂は、火事で父を亡くしたショックで、十歳のまま成長が止まってしまった。父の跡を継いで聖なる井戸を守り、呪術の依頼を受ける暮らしをしている。あるとき玉穂は、都の陰陽師、賀茂道平の訪問を受けた。懐妊中の中宮、妍子が何者かに呪詛されているのだが、実は道平は呪術が使えないのだという。玉穂はさっそく宮中に入り込むが……。

時は平安。ある夜、呪術を操る外法師の少女玉穂は妙な気配を感じて外に出た。すると神域である星井戸に吉祥天女が現れ、「安貞姫」「朱雀邸」と告げる。安貞姫は藤原道綱の姫君で、最近彼女の住む朱雀邸では火の玉騒動が起きているらしい。怪異の原因を探るため玉穂は屋敷に滞在するが、なぜかいつもの調子が出ない。何者かに術をかけられたと気づいたとき、玉穂の命を狙う者が現れ……!?

書の代筆の依頼を受け、貴族の屋敷を訪れた玉穂。主の山陰典章は、無官の自分になんとか官位を賜るよう、帝に嘆願書を送るのだという。だが、ちょうど屋敷では法会が行われており、玉穂は本来の仕事を与えられないまま無駄な時間を過ごす。そんなとき、法会を行っていた老僧、行勧が行方不明に。部屋にはおびただしい量の血があふれ、血の海のなかに、行勧の弟子、顕信が倒れていた……。

「外法師(集英社コバルト文庫)」の作品情報

レーベル
集英社コバルト文庫
出版社
集英社
ジャンル
文芸・小説 女性向け ミステリー・推理・サスペンス 推理 ホラー ファンタジー
ページ数
247ページ (外法師 鵺の夜)
配信開始日
2019年6月7日 (外法師 鵺の夜)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad