電子書籍 ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと(亜紀書房) 実用

著: 奥野克巳 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと あらすじ・内容

ボルネオ島の狩猟採集民「プナン」とのフィールドワークから見えてきたこと。豊かさ、自由、幸せとは何かを根っこから問い直す、刺激に満ちた人類学エッセイ!

「奥野さんは長期間、継続的にプナン人と交流してきた。そこで知り得たプナン人の人生哲学や世界観は奥野さんに多くの刺激と気づきをもたらした。この書を読み、生産、消費、効率至上主義の世界で疲弊した私は驚嘆し、覚醒し、生きることを根本から考えなおす契機を貰った。」
――関野吉晴氏(グレートジャーニー)

この作品を共有

「ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと(亜紀書房)」最新刊

ボルネオ島の狩猟採集民「プナン」とのフィールドワークから見えてきたこと。豊かさ、自由、幸せとは何かを根っこから問い直す、刺激に満ちた人類学エッセイ!

「奥野さんは長期間、継続的にプナン人と交流してきた。そこで知り得たプナン人の人生哲学や世界観は奥野さんに多くの刺激と気づきをもたらした。この書を読み、生産、消費、効率至上主義の世界で疲弊した私は驚嘆し、覚醒し、生きることを根本から考えなおす契機を貰った。」
――関野吉晴氏(グレートジャーニー)

「ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと(亜紀書房)」の作品情報

レーベル
――
出版社
亜紀書房
ジャンル
実用 エッセイ 哲学 思想 文化
ページ数
335ページ (ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと)
配信開始日
2019年5月31日 (ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad