電子書籍 裁判官が説く民事裁判実務の重要論点[基本原則(権利の濫用)編](第一法規) 実用

編集: 加藤新太郎  編集: 小林康彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

裁判官が説く民事裁判実務の重要論点[基本原則(権利の濫用)編] あらすじ・内容

判例を素材として論点ごとの課題を整理し、裁判実務の現状を明示するとともに、実務において主張に織り込むべき内容に指針を与え、解説。網羅的な学説の紹介、自説の展開を避け、学術的記述を抑え、裁判官の視点から実務に即して解説する。

この作品を共有

「裁判官が説く民事裁判実務の重要論点[基本原則(権利の濫用)編](第一法規)」最新刊

判例を素材として論点ごとの課題を整理し、裁判実務の現状を明示するとともに、実務において主張に織り込むべき内容に指針を与え、解説。網羅的な学説の紹介、自説の展開を避け、学術的記述を抑え、裁判官の視点から実務に即して解説する。

「裁判官が説く民事裁判実務の重要論点[基本原則(権利の濫用)編](第一法規)」の作品情報

レーベル
――
出版社
第一法規
ジャンル
実用 憲法・法律
ページ数
377ページ (裁判官が説く民事裁判実務の重要論点[基本原則(権利の濫用)編])
配信開始日
2019年5月31日 (裁判官が説く民事裁判実務の重要論点[基本原則(権利の濫用)編])
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad