電子書籍 朝嵐(中央公論新社) 文芸・小説

著: 矢野隆 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

朝嵐 あらすじ・内容

齢十七で九州を平定。
島流し先を支配して叛逆。
弓矢だけで軍船を撃沈。
名を源鎮西八郎為朝、
この男こそ、日本史上最強の武士。


「こやつは武士として使い物にならぬ」その一言が、男を怪物へと変貌させた。源八郎為朝。武士として生きるため、異常な弓の鍛錬を続けたこの男は、齢十二にして都の悪党達を従える。父によって送りこまれた九州を十七歳で平定し、「鎮西八郎」の異名とともに日ノ本を震撼させた。やがて巻き起こる天下を二分する保元の乱。為朝の前に立ちはだかるのは平清盛、そして唯一彼が恐れた兄・源義朝であった。常人には到達し得ない武の先に、男が見た景色とは――。

この作品を共有

「朝嵐(中央公論新社)」最新刊

齢十七で九州を平定。
島流し先を支配して叛逆。
弓矢だけで軍船を撃沈。
名を源鎮西八郎為朝、
この男こそ、日本史上最強の武士。


「こやつは武士として使い物にならぬ」その一言が、男を怪物へと変貌させた。源八郎為朝。武士として生きるため、異常な弓の鍛錬を続けたこの男は、齢十二にして都の悪党達を従える。父によって送りこまれた九州を十七歳で平定し、「鎮西八郎」の異名とともに日ノ本を震撼させた。やがて巻き起こる天下を二分する保元の乱。為朝の前に立ちはだかるのは平清盛、そして唯一彼が恐れた兄・源義朝であった。常人には到達し得ない武の先に、男が見た景色とは――。

「朝嵐(中央公論新社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
中央公論新社
ジャンル
文芸・小説 歴史 時代小説
ページ数
349ページ (朝嵐)
配信開始日
2019年5月31日 (朝嵐)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad