電子書籍 自分流のすすめ 気ままな私と二匹の猫たち(中央公論新社) 文芸・小説

著: 曽野綾子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

自分流のすすめ 気ままな私と二匹の猫たち あらすじ・内容

私は見かけは穏やかに生きてきた。夫の三浦朱門が亡くなって二年が経つ。知り合いには「私は同じ家で、同じように暮らしております」といつも笑って答えている。見た目の生活は全く変わらないが、夫の死後飼い始めた2匹のネコだけが、家族の数を埋める大きな変化である。老後の日常を切り取った暖かいエッセイ集。「婦人公論」巻頭で話題沸騰の待望の書籍化登場。

この作品を共有

「自分流のすすめ 気ままな私と二匹の猫たち(中央公論新社)」最新刊

私は見かけは穏やかに生きてきた。夫の三浦朱門が亡くなって二年が経つ。知り合いには「私は同じ家で、同じように暮らしております」といつも笑って答えている。見た目の生活は全く変わらないが、夫の死後飼い始めた2匹のネコだけが、家族の数を埋める大きな変化である。老後の日常を切り取った暖かいエッセイ集。「婦人公論」巻頭で話題沸騰の待望の書籍化登場。

「自分流のすすめ 気ままな私と二匹の猫たち(中央公論新社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
中央公論新社
ジャンル
文芸・小説 エッセイ ノンフィクション
ページ数
130ページ (自分流のすすめ 気ままな私と二匹の猫たち)
配信開始日
2019年5月31日 (自分流のすすめ 気ままな私と二匹の猫たち)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad