電子書籍 上高地・大雪 殺人孤影 「父と娘」の逃亡を追う長野県豊科署刑事・道原伝吉の執念(シティブックス) 文芸・小説

著: 梓林太郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

35ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

上高地・大雪 殺人孤影 「父と娘」の逃亡を追う長野県豊科署刑事・道原伝吉の執念 あらすじ・内容

上高地近くの、林道から外れた茂みの中で女の死体が見つかった。
10年ほど前に銀座でホステスをしていた女だった。その線から蕎麦屋の店主と娘を連れて駆け落ちをしていたことが判明する。当時2歳だった娘は中学生になっていた。長野県諏訪でひっそりと3人で暮らしていた。
同居していた元蕎麦屋店主の行方も知れなかった。
娘はいったんは殺された母親の福島の実家に預けられたが、出奔してしまう。
どうやら2人は行動を共にしているらしいと読んだ捜査員たちは行方を追い始める。
しばらくたって、女の新しい交際相手だと思われる諏訪の工場経営者が殺される。ますます元蕎麦屋店主への疑いを強くした道原たちは、長野から北海道への執念の追跡を始める。
大好評! 長野県警豊科署・道原伝吉刑事シリーズ。

この作品を共有

「上高地・大雪 殺人孤影 「父と娘」の逃亡を追う長野県豊科署刑事・道原伝吉の執念(シティブックス)」最新刊

上高地近くの、林道から外れた茂みの中で女の死体が見つかった。
10年ほど前に銀座でホステスをしていた女だった。その線から蕎麦屋の店主と娘を連れて駆け落ちをしていたことが判明する。当時2歳だった娘は中学生になっていた。長野県諏訪でひっそりと3人で暮らしていた。
同居していた元蕎麦屋店主の行方も知れなかった。
娘はいったんは殺された母親の福島の実家に預けられたが、出奔してしまう。
どうやら2人は行動を共にしているらしいと読んだ捜査員たちは行方を追い始める。
しばらくたって、女の新しい交際相手だと思われる諏訪の工場経営者が殺される。ますます元蕎麦屋店主への疑いを強くした道原たちは、長野から北海道への執念の追跡を始める。
大好評! 長野県警豊科署・道原伝吉刑事シリーズ。

「上高地・大雪 殺人孤影 「父と娘」の逃亡を追う長野県豊科署刑事・道原伝吉の執念(シティブックス)」の作品情報

レーベル
――
出版社
シティブックス
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
350ページ (上高地・大雪 殺人孤影 「父と娘」の逃亡を追う長野県豊科署刑事・道原伝吉の執念)
配信開始日
2019年6月7日 (上高地・大雪 殺人孤影 「父と娘」の逃亡を追う長野県豊科署刑事・道原伝吉の執念)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad